YouTuber バーチャルYouTuber

月ノ美兎の中の人(声優)は特定済み?年齢やYouTube放送事故まとめ

投稿日:

皆さまは『月ノ美兎』というバーチャルYoutuberをご存知でしょうか。

 

『月ノ美兎』は「バーチャルアイドル」になってライブ配信を行うアプリ「にじさんじ」で2018年3月18日から活動しているバーチャルアイドルの一人です。

そのため、扱いはVTuberというより「バーチャルライバー」という分類になります。

ただ正直、やってることはそう変わりません(笑)

 

今回はそんな「にじさんじ」の公式バーチャルYouTuber『月ノ美兎(つきのみと)』の

  • 中の人の声優は誰なのか?
  • 顔写真・年齢・名前・性別は特定されているのか?
  • 過去に起こした放送事故

についてまとめて紹介していきたいと思います!

バーチャルYouTuber『月ノ美兎』とは?

  • 名前:月ノ美兎(つきのみと)
  • 年齢:16歳
  • 身長:151cm
  • 誕生日:9月24日
  • キャラクターデザイン:ねづみどし

「にじさんじ」バーチャルライバー初期メンバー勢

『月ノ美兎』は「いちから株式会社」によって開発、配信されているライブ配信アプリ「にじさんじ」でライブ配信を行っている「バーチャルライバー」の一人です。

「にじさんじ」でライブ配信を行っているライバーの中では古参の「1期メンバー」として扱われています。

 

一応「にじさんじ」でライブ配信を行うことを主としていますが、ニコ生チャンネルやYouTubeチャンネルも所持している模様です。

 

外見は黒髪のロングヘアーに清楚そうな外見、真面目な委員長属性持ちであり、ライブ配信前はTwitterの内容などから「真面目清楚系キャラ」のまま配信を行っていくのかと思われていました。

 

(※向かって右側が月ノ美兎です)

 

しかし、その予想に反して、2018年3月18日放送の公式放送「月ノ美兎の放課後ラジオ」にてその目測は大きく外れることになります。

 

そう、彼女のキャラクターはいい意味でも悪い意味でも「頭がイっている」のです。

第一回雑談以降の彼女の言動は、外見の印象を大きく突き崩す勢いでエキセントリックかつフリーダムとなり、度々暴走紛いの言動を見せます。

(例:ヨーロッパ企画が作成した実写ムービーゲームのプレイ動画をライブ配信中、ゲーム備え付けのクリックボタンがどうしても扱い辛く、配信用iPhoneのコネクタを抜いて代わりにマウスを使ってプレイ、画面から月ノ美兎本人の姿を消してしまう)

(例:第一回放送時に視聴者からの質問を切っ掛けにエログロナンセンスで有名な映画「ムカデ人間」について語った挙句、気に入ったのか度々ムカデ人間を自分の放送に登場させ、更にはクラスメイトもムカデ人間にしてしまう)

 

そんなぶっとんでいると言っても全く語弊が無い彼女の人気は、イッてる言動のおかげで人気を博し、現在YouTubeチャンネルの登録数は19万程と、2か月間しか活動していないというのに破格の勢いでチャンネル登録数が増えています。

 

尚、現在公式でライブ配信内容をまとめた「10分で分かる月ノ美兎」という動画があり、あまり時間をかけずに彼女のライブ配信を振り返るための動画が配信されています。

今から『月ノ美兎』について知るならば、この動画が便利でしょう。

月ノ美兎の中の人の声優は特定されている?

二次元キャラのアバターを使い、iPhoneX以降に搭載されたAnimojiのエンジンを使って自らキャラクターを操り、配信を行うことが出来る「にじさんじ」。

そしてそんな「にじさんじ」で公式バーチャルライバーとして活動をしている『月ノ美兎』。

当然、彼女にも「中の人」と呼ばれる声優の存在が居ます。

現在の中の人の情報

現在、『月ノ美兎』の中の人は明確な情報がありません。

情報管理が徹底されているらしく、全く尻尾が掴めません。

名前、顔写真、年齢、現実での立場など、全てが謎に包まれています。

 

わかっていることは、中の人は

一から株式会社よりオーディションを受け、採用された『月ノ美兎』専用の中の人

だということだけです。

 

しかし、『月ノ美兎』自身が配信しているライブ放送の内容でうっかり喋ってしまったことなどから、年齢に関する考察のみ行える状態となっています。

 

以下、言動から推察できる年齢の考察です。

『月ノ美兎』中の人の年齢を過去の発言から推測!

彼女が動画内で言葉として漏らしてしまった推測材料はおおよそ4つ程あります。

「結構自由な高校だったんですよ」

「小島麻由美、電気グルーブ好きです」

「セーラームーンはビデオで見たんですよ」

「夜はもつ鍋、とビー…あっ」

以上から「高校は卒業している」「ビールの飲める年齢」であることがすぐに見て取れます。

つまり、18歳以上であり、20歳以上であるということになります。

「セーラームーンをビデオで見た」

「セーラームーンをビデオで見た」という発言があります。

ビデオ、つまりVHSテープは2006年で新規の発売を停止しており、2000年代には最早DVDが記録メディアやレンタルメディアとして普及しています。

そのため、16歳の彼女が子供の頃に「セーラームーン」をアニメで見るならば、大体DVDで見ている筈です。

 

つまり、彼女がセーラームーンを見たのはDVDの普及前ということになります。

DVDが普及し始めたのは2000年代辺りであり、その時点で少なくとも18歳以上の年齢であるということが推測できます。

18歳の少女が0歳でセーラームーンのビデオを視聴しており、それを記憶していることは無いとは思いますので、少なくとも20以上、更にセーラームーンを好む年齢が5歳から12歳くらいだと見積もった場合、中の人の年齢は少なく見なしたとしても23歳以上ということになります。

 

尚、セーラームーン初代アニメの放送は1992年です。

リアルタイムでアニメのビデオを視聴しているとなると、1992年からビデオを視聴しているということになります。

「小島麻由美、電気グルーブ好きです」

更に決定的だろう発言として「小島麻由美と電気グルーブが好き」ということです。

 

小島麻由美さんは1995年にデビューし、現在も活動を続けているシンガーソングライターです。

NHK「みんなのうた」に1999年「ふうせん」という楽曲を提供した経験もあります。

 

電気グルーブは1989年に結成し、現在まで活動を続けているテクノポップユニットです。

マルチタレントピエール瀧さんがいるグループとしても有名です。

 

二つのミュージシャンに共通して言えることは、いずれも「1990年代に全盛期の活動を行っていた」ことです。

特に電気グルーブは1994年に子供向け番組に「ポポ」、1997年に恐らくもっとも有名な楽曲「Shangri-La」を発表しています。

それらをリアルタイムで聞いているのだとして、更に記憶が残っているのだとしたら、少なくとも中の人の年齢は20代後半以上、ということになります。

 

最も有名だろう楽曲「Shangri-La」を基準として考えると、少なくとも1997年には記憶がハッキリと残り、趣味嗜好が主張出来る年齢であると推測されます。

少なくとも小学校に入った年齢だとすると、6歳から12歳であると思われます。

そこから計算すると、現在の中の人を演じている声優の年齢は27歳~33歳であると考えられます。

 

従って、筆者は『月ノ美兎』中の人の年齢を「27歳~33歳」ぐらいではないかと推測します。

ブラウザアドベンチャーゲーム「迷宮」

ちなみに、ダメ押しの判断材料として提示されるのが、1999年に公開され、2000年代に人気を博したブラウザのアドベンチャーゲーム、「迷宮」をプレイする動画を投稿しているということです。

おおよそ18年以上前に流行ったゲームをプレイするということは、レトロゲーマーとしてはありかもしれませんが、正直言ってカルト的な人気を誇った1ブラウザゲーを、若い人(?)が知っているというのも不自然であると筆者は思います。

あらかじめ「迷宮」を知っていた可能性が高いと思われます。

 

そこから考えて、2000年代には最早インターネットに触れることが出来た年齢であれば、上記「27歳~33歳」という説にも真実味が出ると思います。

 

以上が『月ノ美兎』中の人の年齢に関する考察です。

ですが、現在『月ノ美兎』の中の人に関する情報はかなり少なく、推測できる判断材料もたった四つの発言と動画内容のみとなっています。

 

当然、上記推測は全て筆者の考えであり、公式とは何の関係もありません。

少なくとも『月ノ美兎』公式設定の16歳では無いよ、ってだけです。

 

真相については、今後の何かしらの続報も待たれるところですね。

 

ちなみに、彼女お気に入りの「ムカデ人間」は作品によって18禁です。

『月ノ美兎』が起こしたゲーム実況中の放送事故

サブカルに強いと噂の『月ノ美兎』。

ことあるごとに様々なゲームに関する動画を上げています。

しかし、そのゲームも他のVTuberがやっているような「どうぶつタワーバトル」やFPSではなく、誰も知らないようなカルトゲーやマイナーゲームばかりだったりします。

 

そんなマイナーゲームやカルトゲームプレイを好む『月ノ美兎』が、とある動画にて放送事故を起こしました。

 

当該、放送事故が見ることが出来るのは以下の動画です。

この動画で『月ノ美兎』は最初カナダのインディーズゲーム会社開発のホラーゲーム「Outlast」の実況を行おうとしていました。

しかし、肝心の「Outlast」はなぜか不具合で動かず、仕方なく『月ノ美兎』は別のゲームの実況を開始します。

 

その際に用意したのが、ヨーロッパ企画という劇団が個人製作したフラッシュムービーゲーム「ステレオタイプ・ボーイズラブ」。

それを実況プレイする、ということでプレイを開始しました。

「ボーイズラブ」という名前からして非常に怪しいと思うのですが、そんなことはどうやら考えもついていなかった模様です。

 

そして、ゲームもラストに差し掛かった頃、ゲームのラストに男性同士の濡れ場が流れ、視聴者も『月ノ美兎』も騒然。

「わたくしで隠さなきゃ…!」と『月ノ美兎』が編集で画面いっぱいになぜか自分の顔画像を張り付けることで画面を隠し、その場を乗り切ったという珍事件です。

この事件が功を奏して『月ノ美兎』のエキセントリックさに魅了された熱狂的なファンが増えた様子です。

 

正直ストレートに「ボーイズラブ」と名付けられたゲームをやる、という『月ノ美兎』の迂闊さにも原因はあると思いますが、結果的に視聴者が喜んだのならまあ、よいのではないでしょうか。

まとめ

まとめると、バーチャルライバー『月ノ美兎』は

  • ライブ配信アプリ「にじさんじ」公式のバーチャルアイドル
  • 中の人の情報は基本的にほぼ不明だが、年齢は恐らく27歳から33歳程
  • 放送事故で男性同士の濡れ場を流してしまったことがある
  • 「ムカデ人間」が好き

とのことでした!

ぜひ月ノ美兎のYouTubeチャンネルをチェックしてみてくださいね!

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-YouTuber, バーチャルYouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.