YouTuber

レトルト(実況者)の顔バレ・炎上・年齢まとめ!マスクなし画像がイケメン

投稿日:

皆さんは『レトルト』というYouTuberをご存知でしょうか。

『レトルト』は2008年にニコニコ動画で活動を開始し、2014年6月にYouTubeへとチャンネル開設をしたYouTuberです。

主にゲーム実況動画を投稿していますが、ゲーム実況ではない自分語りの動画を投稿したり、人狼ゲームなどのテーブルゲームをプレイした際のリプレイ動画などの投稿も行っています。

 

今回はニコニコ動画出身のYouTuber『レトルト』とはどんなゲーム実況者なのか、

  • 年齢やプロフィール
  • 顔バレしているのか
  • イケメンだと話題のマスクなしの画像
  • ファンを中心に起きた炎上騒動

についてまとめてご紹介していきます!

ゲーム実況者『レトルト』のプロフィール

  • 名前:レトルト
  • 誕生日:12月24日(実況六周年記念動画にてプレイした「トモダチコレクション」の自分のプロフィールに入力したが、適当なため信憑性はあまり無い)
  • 年齢:115歳?(上記誕生日と同じく「トモダチコレクション」の自分のプロフィールに適当に入力されたものであり、実際は20代後半ではないかと推測される)
  • 血液型:O型(上記誕生日と同じ動画にて言及しているが、こちらは適当では無さそうな様子)
  • 出身地:京都(現住所は関東地方)

女性人気抜群のニコニコ動画出身のYouTuber

『レトルト』は2008年よりニコニコ動画で活動し、2014年6月からYouTubeに活動拠点を移したYouTuberです。

レトロゲームを好むような発言をしていたことがあるものの、実況する動画は幅広く、新しめのゲームから古いゲームまで、様々なゲームにチャレンジしている様子が見られます。

しかし、その腕は甘めに評価しても「上手である」とは決して言えません。

特にシューティングゲームに関してはかなり練習不足が目立っているらしく、本人もそれに関しては自覚をしている模様です。

他にもRPGの会話文などは飛ばしてしまい、読んでいないことが多かったり、推理ゲームをやっても推理力が壊滅的であったりなど、完全に「お察しください」状態の腕前です。

基本的にまったりとプレイするプレイスタイルだから仕方ないのかもしれませんが。

 

女性キャラクターに対してはすぐにデレデレとしてしまい、尽くすような態度を見せるものの、下ネタや過激な表現を用いる事が少なく、穏やかな口調で話すため、数多くのゲーム実況を主とするYouTuberの中でも特に女性視聴者の人気が高いと言えるYouTuberです。

 

花粉症の気があり、実況の声はどことなく鼻声で関西弁を混ぜて喋るのが特徴となっており、その特徴的な声はゲーム実況系バラエティ番組「ゲームセンターCX」に出演している「有野課長」こと有野晋哉氏に似ていると言われたことがあるのだとか。


『レトルト』自身はその有野晋哉氏と「ゲームセンターCX」の大ファンであり、特徴的な声色が課長に似ていると言われると嬉しいと発言していたことがあります。

 

名前の由来は「レトルト食品」ではなく、ゲーム「メダロットシリーズ」に登場する「怪盗レトルト」から取られています。

『レトルト』自身の自画像や、ゲーム内アバターも怪盗レトルトに寄せることが多く、仮面やシルクハットをキャラクターや自画像に装備させることが多数あります。

尚、『レトルト』の名の初出は「ポケモンスナップ」の動画となっています。

特技はドット絵を描くことであり、自画像のイラストも自ら描いています。

『レトルト』の年齢は?

最初のプロフィール部分に書いてありますが、『レトルト』の生年月日は「1902年12月24日」とされています。

これはニコニコ動画にも投稿されていた、丁度実況動画投稿六周年目の動画「変人だらけのトモダチコレクション【実況】」で確認することが出来ます。

おわかりだとは思いますが、当然嘘です。

ゲームの仕様上自分のアバターの分類が子供になってしまい、変更が不可能になってしまったが故にヤケクソで入力したものです。

この生年月日を真に受けて年齢を算出した場合、『レトルト』の年齢は2018年5月現在「115歳」という、ニュースレベルのご長寿となってしまいます。

 

声だけで年齢は判断出来ないといつもは思うのですが、今回ばかりは流石に115歳は声的にもあり得ないと断定出来ます。

 

それでは、『レトルト』の年齢は一体いくつなのでしょうか。

以下より考察をしていこうと思います。

年齢は非公表だが推測できる

『レトルト』は自らの年齢をはっきりと公開していません。

公開されているのは前述した1902年生まれといったネタ的なものだけです。

しかし、過去の『レトルト』の発言を参照すると、ある程度までは年齢の領域を絞ることが出来ます。

 

『レトルト』は以前「ハリー・ポッターシリーズが話題になった時」と、「ONE PIECEグランドバトル!2が発売した時」は中学生であったと発言したことがあります。

ハリー・ポッターシリーズが話題となったのが2001年、ONE PIECEグランドバトル!2の発売が2002年の話です。

その年代に中学生であったということは、2001年に最低でも12歳であったと推測出来ますし、2002年の時点で最高で15歳であったと推測出来ます。

 

更に、「実況を始めた頃には20代」であったとの情報があります。

つまり、実況プレイ動画をアップロードを開始した2008年には少なくとも20歳であると計算が出来ます。

そこから計算を進めると、2008年に20歳だとした場合、2001年には13歳であると、発言内容に合致します。

尚、2002年には最大15歳であると発言されているため、2008年時には22歳であるという可能性があります。

 

計算結果、上記発言に間違いが無い場合、2018年5月現在『レトルト』の年齢は、誕生日を迎えていない場合も含めると「29~32歳」ということになります。

更に、『レトルト』はこうも発言をしています。

2013年1月7日時点で『レトルト』の年齢はギリギリ20代前半であることが示されます。

1月7日時点で24歳であると推測する場合、『レトルト』は2018年5月現在29歳である可能性が非常に高くなります。

当然、4月以降に誕生日を迎えた場合は30歳を超えている可能性も無きにしも非ず、といったところですが。

『レトルト』の顔バレ画像が判明!

多くのゲーム実況動画中心のYouTuberは、自身の素顔を隠して活動を行っています。

自分の顔をウリにして動画投稿をしているわけではないし、見てもらいたいのはゲームのプレイなのですから、まあ当然なのですが。

 

それは『レトルト』も例外ではなく、彼の投稿している動画には大体顔が映りません。

ゲームの関係ない動画でもそれは同じであり、動画内には『レトルト』の顔は一切登場しません。

しかし、『レトルト』は元よりニコニコ動画で活動を行ってきたYouTuberです。

ニコニコ動画には定期的に「ニコニコ超会議」や「ニコニコ生放送」などの実写出演企画があります。

人気動画投稿者であった『レトルト』も例外なく現実の世界へと呼ばれ、仕方なく顔を晒す機会があったようです。

その際の写真が以下になります。

  • マスクをつけたレトルトの顔画像

顔を晒すことに抵抗があるYouTuber御用達のマスクを装備した画像となっています。

『レトルト』も自身の顔を晒すことに抵抗があるため、しっかりとマスクをして、必要以上に素顔を晒さないようにしていました。

 

しかし、2015年のある時、一枚の画像が流出してしまうことになります。

マスクなしの素顔の画像が流出

流出した画像は以下です。

上段一番左側の男性が『レトルト』であるとされています。

 

画像が荒くなりますが、拡大するとこのようになります。

  • レトルトのマスクなし素顔画像

まさにさわやかイケメンという言葉がぴったり!

本来ならばご尊顔を拝んでガッカリする筈の熱狂的なファンたちが「イケメンだ!」と歓喜したと話題です。

『レトルト』は炎上したとことがある?

人気があるものには炎上騒動がつきものです。

しかし、『レトルト』は女性人気が非常に多いにも関わらず、「彼女が居る」や「不適切な発言をしてしまった」などといった炎上のような騒動を起こしてしまったとの噂はありません。

しかし、『レトルト』と検索に入力すると、「レトルト 炎上」と関連ワードが出現することがあります。

 

その原因は以下の「ツイッターのリア充を誘導して炎上させる-炎上なう-」という動画にあります。

実況タイトルに「炎上」というワードが入っていたため、この動画を検索するために「レトルト 炎上」と入力されたため、サジェストに残ってしまったのでしょう。

尚、この動画の内容は別段『レトルト』が本当にリア充を炎上させているようなものではなく、単なるアプリゲームの「炎上なう」というゲームをプレイするだけの動画です。

『レトルト』が誰かを炎上させる片棒を担いだとか、誰かと口論になって炎上してしまったとかそういうことではありませんのでご安心ください。

ファンによる炎上寸前の事件はあった

しかし、『レトルト』は実際炎上させたり炎上してしまったりしたことはありませんが、『レトルト』の熱狂的なファンが炎上寸前の行為をしてしまったことはあります。

 

事件は2015年11月28日に起こりました。

被害者は漫画家のピョコタンさんで、原因は「マリオメーカー」というWii Uとニンテンドー3DSで発売されたゲームでした。

 

このゲームはプレイヤー自身がマリオのステージを自由に編集し、自分がそれをクリアすることが出来れば配信することが出来るという特殊なゲーム性を持っており、非常にフリーダムなものです。

全盛期には様々なプレイヤーが自身が作ったステージがネット上に配信され、ゲーム実況者たちもこぞって自分だけのオリジナルステージを動画で宣伝しておりました。

ピョコタンさんもその例に漏れず、自分でステージを作っては自身でプレイ動画を撮影し、動画を投稿していました。

 

そんな中、ピョコタンさんが作成したステージが『レトルト』の作ったステージの「パクリである」とされ、熱狂的なファン、いわゆる「信者」たちから直接文句を言われてしまうという事件が起きました。

暴言を書き殴ったコメントが掲載されています。

基本的にピョコタンさんは過激な呟きや動画内容などで荒れがちなのですが、今回ばかりは全く身に覚えが無いらしく、動画も投稿しています。

ちなみにピョコタンさんの作ったステージと『レトルト』の作ったステージは、「最初にキノコを取ってしまってはそれ以降に進むことが出来ない」といった特徴のみが共通点としてあるだけで、その他はステージ的に全く違う内容となっています。


最初の部分だけを見て判断した信者たちが、脊髄反射のように突撃をしてしまったのでしょう。

 

確かにピョコタンさんのその後の対応は大人気が無く、『レトルト』の当該ステージをプレイした際も文句たらたらではありましたが、それでも言いがかりに近い形の暴言を本人に送るのは完全にネチケット違反であると取られても仕方の無いことです。

そして、その信者の突撃が『レトルト』の評判を関係の無いところで落としてしまうことに繋がるのだということを理解した方が良いと筆者は思います。

『レトルト』の炎上に繋がるような発言をしてしまって、『レトルト』がアカウント削除などの行動を起こしてしまうことを避けたいのなら、突撃などの過激な行為を決して行ってはいけません。

 

その他の炎上疑惑についてですが、二つ目の炎上疑惑は「ゴルスタ」というアプリに起因したものです。

『レトルト』は2016年に同業者牛沢さんと、ニコニコ生放送の放送者、通称「生主」であるひげおやじさんと三人で出演したニコニコ動画内の番組中で「ゴルスタ」というアプリに触れたことから、炎上のワードが『レトルト』に付与されてしまったようです。

 

実は「ゴルスタ」(正式名称「ゴールスタート」)は登録者に対してのルール強要が激しく、ちょっとでも運営が規約違反を起こしていると思えば、そのユーザーに対して反省文を書かせて提出させたり、突然アカウントを永久凍結させるなどの過激な体制を取っていました。

そして、規約違反時の理由に記述される内容もまるで「運営らしさ」というか、大人気ないような文章を突きつけるといった異様さを見せていました。

現在その「ゴルスタ」は数々の炎上騒動を起こしてサービス終了してしまっています。

 

そんな問題のあるアプリであった「ゴルスタ」について触れたことから、視聴者が「ゴルスタ」について検索してしまい、いずれ話に尾ひれがついて、『レトルト』が炎上したという情報になっていたのではないかと推測されます。

 

どちらにせよ、『レトルト』が「ゴルスタ」をはっきりと称賛していたということではありませんし、『レトルト』は炎上していません。

言いがかりに近いような、勘違いに近いような情報ですので、本人に突撃するのは絶対にやめましょう。

まとめ

女性を中心に人気があるYouTuber『レトルト』は

  • ゲームの腕がイマイチなまったりプレイヤー
  • 特技は「ドットで絵を描くこと」
  • 年齢は29~30歳程と推測される
  • 顔は世間で「イケメン」と言われている
  • 『レトルト』自身は炎上をしたことがない
  • 『レトルト』の炎上はゲーム「炎上なう」のことや、信者がピョコタンさんに突撃して炎上させたことからきている
  • 「ゴルスタ」に関しては完全に視聴者などの勘違い

とのことでした!

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-YouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.