YouTuber

ホラフキン(実況者)の顔バレ画像や割れ炎上事件とは?彼女・年齢まとめ

投稿日:

皆さんは『ホラフキン』というYouTuberをご存知でしょうか。

『ホラフキン』は2012年からニコニコ動画で活動を開始し、2013年よりYouTubeでの活動も行っているゲーム実況動画を中心にアップロードしているYouTuberです。

独学で動画編集を学んでいた経験があり、「楽しませること」を最優先とした動画を作成することに定評があります。

 

今回はニコニコ動画出身のYouTuber『ホラフキン』とはどんなゲーム実況者なのか、

  • 素顔の顔バレ画像や職業・経歴・年齢
  • 彼女が発覚してしまったニコニコ生放送の内容
  • 割れ発覚の炎上事件

についてまとめてご紹介していきます!

YouTuber『ホラフキン』とは?

  • 名前:ホラフキン
  • 誕生日:12月7日(2016年12月6日にTwitterでフォロワーより誕生日の祝福をされている)
  • 年齢:33歳(過去、インタビューにて年齢が判明している)
  • 出身地:北海道(動画「VRバカゲー!酔っ払い同士のマヌケな喧嘩!酔拳炸裂!?」にて自身を「北海道の龍」と呼称しているため)

ニコニコ動画出身のゲーム実況者

『ホラフキン』は2012年よりニコニコ動画で活動を開始し、後に2013年にYouTubeでチャンネルを開設したYouTuberです。

主にゲーム実況動画をアップロードしており、ホラーゲームやアクションゲーム、「バカゲー」と呼ばれる分類のゲームプレイを中心に、人狼などのテーブルトークゲームなどのリプレイもアップロードしています。


特にニコニコ動画にて総合ランキング1位にまで昇りつめた「グランドセフトオート5」の動画「4545隊」シリーズが人気です。

ニコニコ動画時代は生放送での動画配信を主としており、「4545隊」シリーズの「リスナー参加型プレイ」を始めとして、視聴者との距離感が近いことに定評があります。

生放送時代より培ったトーク力とリアクションが『ホラフキン』の武器であり、人気の要因となっています。

しかし、トークには惜しげもなく下ネタの類を盛り込んでいくスタイルのため、苦手な人はとことん苦手だと思われます。

ホラフキンの顔バレ画像は?

ホラフキンの自画像はなぜかマツコ・デラックスさんのように描かれていますが、それは本人がマツコ・デラックスさんに似ているというわけではなく、本人曰く「声が似ているから」なのだそうです。

その理由があったからか、顔出し時にはマツコ・デラックスさんの変装マスクを着用して出演し、過去には「マツコ・デラックス風」でゲームを実況プレイするといった動画も存在します。

以下に検証用『ホラフキン』動画と、マツコ・デラックスさん動画を並べておきます。


 

残念ながら、素顔については公開されていません。

実写で伺い知ることができるのは、上記のマツコ・デラックスの仮面をかぶった画像のみです。

素顔は小橋建太に似てる?

ちなみに、『ホラフキン』自身の顔は元プロレスラーである小橋建太さんに似ていると自称しています。

尚、多くのYouTuberが自身のTwitterなどに送られてきた質問に対して、動画やツイートで回答を返しているのにも関わらず、『ホラフキン』は質問を受け付けないスタンスを貫いています。

そのため、『ホラフキン』についてわかっている情報は、動画内などで本人が公開したもののみとなっています。

『ホラフキン』の職業や経歴

『ホラフキン』は現在こそニコ生主やYouTuberとして精力的に活動を行い、収入を得ていますが、彼は自身を「ニートYouTuber」として自虐し、ネタにしています。

そのせいで彼をずっと「ニートである」と勘違いしてしまう視聴者も存在します。

 

しかし、実際はそうではなく、以前は社会人として経済活動を行っていたことを伺えるツイートが存在します。

このツイートからは、『ホラフキン』が

社会人→フリーター(アルバイト?)&ニコ生主→ニートYouTuber

と彼の職業が変遷したことを読み取ることが出来ます。

 

会社を辞めてしまった現在ですが、現在の華々しい躍進を見る限り、会社を辞めたことは決して悪いことでは無かったのだと筆者は思います。

 

YouTuberが職業として認知され、小学生の少年少女たちが夢見る職業として紹介される今日、YouTuberを軽々しく無職扱いすることは不適切であると思われます。

従って『ホラフキン』はニートではないと断言できますが、すっかり「ニートYouTuber」がネタとして昇華されているため、「ニートYouTuber」を自称することは恐らく止めないと思われます。

『ホラフキン』の彼女

『ホラフキン』はYouTuberとしては非常に珍しく、彼女が居ることを公開しています。

本当の話、彼に彼女が居る事が判明した時は「公開している」というか「公開されてしまった」ような形でしたが。

彼女バレした原因となったニコニコ生放送のリモ事件の内容

事の発端は2016年6月4日のニコニコ生放送で起きました。

 

生放送終了後の午前3時8分、『ホラフキン』はとある女性よりの電話を取りました。

しかし、その際自ら生放送に使っていたソフト「Flash Media Live Encoder」を起動させたまま電話に出てしまい、彼女との会話が視聴者に筒抜けになってしまうという事態に陥りました。

つまり、本人が意図しない音声や映像がソフトを通じてネット配信されてしまい、プライベートな会話を視聴者に聞かれてしまった、ということです。

 

このような事態をネットスラングでは「リモる」と言います。

由来はこのような事件を最初に発生させた歌い手であるリモーネ先生さんの名前から取られています。

 

リモってしまった『ホラフキン』は、自身がリモっていることに気づかずに、そのまま電話相手であった女性と会話します。

そして泥酔状態にあった『ホラフキン』は次第にヒートアップ、人に聞かせるにはあまりに過激で生々しい下ネタを発します。

その一部始終が録音され、動画として公開されていますが、内容は語るにしても憚られるもののため、視聴の際は注意してください。



尚、放送されたのは3時8分から3時51分までです。

時間にしておおよそ43分程となっています。

 

この放送後に『ホラフキン』が釈明放送を2016年6月13日に生放送の19分を使って配信しました。

そして同日、Twitterでもツイートを行い、彼女との交際を発表しました。

『ホラフキン』と彼女は結婚したのか?

その後、彼女とどうなったなどの話は公開されておらず、現在『ホラフキン』と彼女さんがどうなっているかは窺い知ることが出来ません。

「結婚します!」という動画をアップロードしていたことがありますが、これは内容を閲覧してみればわかる通り、完全にジョークでした。

名前通りホラを吹きました。

 

今後、プライベートなことなので公表は非常に難しいと思いますが、今後の動向に注目しましょう。

『ホラフキン』が過去に起こした炎上騒動

『ホラフキン』はずっと『ホラフキン』として活動していたわけではない、という噂があります。

その疑惑の主が、現在はアカウントを削除してしまったニコニコ動画の生主、ニコニコしんです。

実は『ホラフキン』は2010年よりニコニコ動画で活動を行っており、当時はニコニコしんというハンドルネームを使用して生主をやっていたのではないかと言われています。

 

ニコニコしんは『ホラフキン』と同じくバカゲーやホラーゲームの実況プレイ生放送を中心として動画配信を行ってきた生主であり、声の雰囲気や喋り方を根拠に『ホラフキン』との同一人物説が囁かれているようです。

現在ニコニコしんの動画はアカウント削除と共に全て削除されているため、ニコニコしんの動画と『ホラフキン』の動画を見比べることは不可能ですが。

 

尚、このニコニコしんは非常に重大な炎上事件を起こしてしまったことで有名です。

それがニコニコしんの割れ発覚事件です。

「ニコニコしん」の割れ発覚事件の内容

「割れ」とは、ネットスラングの一つです。

語源などの詳しい説明は割愛しますが、端的に言ってしまえば「インターネットに違法アップロードされたソフトウェアをダウンロードするなど、正式な手段以外でソフトウェアを手に入れること、またはそのような行為によって手に入れたソフトウェア」ということです。

当然違法行為であり、著作権の侵害に当たる許されざる行為です。

近年、ゲームソフトを起動すると出てくる画面でも警告が為されているので、知っている方も多いのではないでしょうか。

そんな「割れ」行為を、ゲーム実況動画の生放送を主な活動として行っていたニコニコしんがやっていたのです。

その証拠が、以下の画像になります。

元動画はニコニコ動画に掲載されており、その動画で一部始終を視聴することが出来るようになっています。

動画閲覧が不可能な人のために解説を以下に行います。

 

2012年3月の生放送時、ニコニコしんがゲームプレイを行っている最中、画面に一件の「ダウンロード完了」のダイアログが映り込みました。

ダウンロードされたファイル名は「Silent Hill Downpour」でした。

これはコナミが発売した人気ホラーゲーム「サイレントヒル」シリーズの2012年当時最新作のタイトルです。

しかし、この「Silent Hill Downpour」の日本版発売日は2012年11月8日であり、3月の時点では海外でしか発売されておらず、日本に居ながら手に入れるためには通販を駆使するしかありませんでした。

 

そんな「Silent Hill Downpour」を簡単に手に入れるため、違法ダウンロードに手を出してしまったのではないか、という疑惑が当然持ち上がります。

更にはニコニコしんが日本未発売のゲームを多数プレイしていたのも疑惑に拍車をかけ、ニコニコしんは割れの常習犯ではないのかという疑惑もかけられてしまいました。

 

その後、ニコニコしんの割れ疑惑を検証する動画が投稿されたりしましたが、同年に全ての動画とアカウントを消して、何も言うこと無くニコニコしんは姿を消しました。

全ての動画を消した=証拠隠滅=割れ行為は事実であったと判断されてしまうことは想像に易いと思います。

当然、ネット上ではニコニコしんが割れ行為をしていたと言われるようになっていきました。

 

尚、現在は全ての動画が消されてしまっているため、割れを本当にしていたのか、していないのか検証することは不可能となっています。

「ニコニコしん」の割れを流布した人物

ニコニコしんが割れをした疑惑の動画を投稿しているのはにらという人物です。

にらという人物はニコニコ動画のユーザーとして多数存在するため、特定するのは難しいですが、恐らくは元生放送主のにらであると思われています。

しかし、彼の投稿した動画は「捏造である」と言われてもいます。

にらが人気のあるニコニコしんに嫉妬をし、失脚させようと企んだ結果、このような動画を投稿したのでは、とも言われています。

 

正直「にら嫉妬説」も裏付けが取れず、にら自体のコメントも無いため、こちらも検証不明です。

にらが証拠として出した動画のオリジナルも消えているため、真相は全て闇の中となってしまいました。

そもそもにらがどのにらなのかすらもしっかりとした証拠もありません。

 

今はもう、事件の全容解明は難しいと言っても良いでしょう。

『ホラフキン』と「ニコニコしん」の関係

実はニコニコしん=『ホラフキン』は本人が発言したわけではありません。

あくまで視聴者が彼らの実況スタイルと声が似ているという理由で同一人物なのではないかと推測しているだけです。

 

そのため、実は『ホラフキン』はニコニコしんではないという可能性も存在します。

 

ニコニコしんのアカウント削除のタイミングと『ホラフキン』活動開始のタイミングがほぼ同時のため、現在ネット上では彼らは同一人物であるとされるのが一般的ですが、それを裏付ける証拠はありません。

あくまで通説である、とお考えください。

 

尚、『ホラフキン』は自分の割れ疑惑を完全否定しています。

まとめ

YouTuber界のマツコ・デラックスこと『ホラフキン』は

  • グランドセフトオート5の人気動画、4545隊シリーズの生みの親
  • 声は自称マツコ・デラックスさん似で、顔は小橋建太さん似だが、顔画像の流出は無し
  • 自称「ニートYouTuber」
  • リモったことで彼女の存在が発覚したが、現在の動向は不明
  • 『ホラフキン』=ニコニコしんと言われているが、本人からのコメントは無し
  • ニコニコしんは割れで炎上騒動を起こしたが、『ホラフキン』は割れ疑惑を否定

とのことでした!

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-YouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.