バーチャルYouTuber

名取さなの中の人(声優)は誰?Twitterなりすましで炎上?バーチャルYouTuberまとめ

投稿日:

『名取さな』さんとは、2018年3月から活動を開始したVTuberです。

VTuberの中では比較的特異な設定や、個人運営という点、その他様々な要因で注目を浴び、現在じわじわとチャンネル登録者数を増やして行っています。

 

今回は「さなちゃんねる」のバーチャルYouTuber名取さなとはどんなVTuberなのか、プロフィールをはじめ、

  • キャラデザインや運営は会社なのか?
  • 中の人を演じる声優は誰か?
  • 中身はおじさん(男性)という噂
  • Twitterのなりすましで思いもよらぬ炎上した騒動の内容

などをまとめていきます!

名取さなのプロフィール

 

  • 名前:名取さな(なとり さな)
  • 性別:女性
  • 年齢:17歳
  • 身長:152cm
  • 好きなもの:猫、浅漬け、チップチューン、デ・ジ・キャラット

公式YouTubeチャンネル:さなちゃんねる

公式Twitter:名取さな🍆14日22時配信

バーチャルYouTuber界の白衣の天使『名取さな』とは?

名取さなさんは、2018年3月から活動を開始したVTuberです。

企業が一枚噛んでいるVTuberが多数存在する中、のらきゃっとさんなどのように個人で運営されています。

設定も「バーチャルナース」という変わった存在であり、視聴者を自身が務める病院の医者に例えて「せんせえ」と呼称します。

更新速度は個人運営であるがゆえにやや遅いですが、個人経営のわりにクオリティが高めの可愛らしいグラフィックや、サブカルチャーやネットミームに詳しいトークから人気を集め始めているようです。

キャラデザイン

外見はナースというだけあって、白や薄いピンクを基調とした衣装と、ナース帽を身にまとっています。

アッシュがかった髪はツーサイドアップにしており、×の目にされた兎の髪飾り(設定画では「うさちゃんせんせえ」と呼称されている)で装飾を施しています。

トレードマークは赤いハートにピンクの十字がついたもので、エプロンの胸元やナース帽、腕章などにあしらわれています。

その外見的特徴やカラーリングから、「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の登場人物イリヤスフィール・フォン・アインツベルンに似ていると言われることが多々あるようです。

お決まりの絵文字は「ナース」をもじった茄子であり、彼女のTwitterユーザー名にも絵文字がつけられている他、彼女のファンも名前につけていることがあります。

そしてお決まりの挨拶が「おはようございナース!!」で、本人はYouTubeチャンネルの概要などでこの挨拶を流行らせたいような意志を見せています。

 

ちなみになぜか本人が「ニコニコ大百科」に項目登録されることをNGとしているらしく、新規精鋭のVTuberの中では珍しく当該サイトに記述がありません。

 

実は最初はいちから株式会社運営のアプリ「にじさんじ」の公式ライバーのオーディションに送るキャラクターとして作成されたという過去があります、

残念ながら公式ライバーとしては落選してしまいましたが、本人も個人運営のVTuberとして活動を開始しているため、あまり気にしてはいないと思われます。

その後、にじさんじ所属のVTuberギルザレンⅢ世さんにひっそりその存在を言及されたりしています。

その際彼女のトーク内容から、方向性が似ているにじさんじ所属VTuber宇志海いちごさんに搦めて「汚いいちご」と呼称されてしまいました。

せんせえたちはこのことを「実質にじさんじ入り」と言って面白がっているようです。

新モデルにチェンジ!

個人運営のVTuberのサガなのか、最初はLive 2Dの平坦なモデルでした。

動作もLive 2Dのゆらゆらとした体の揺れや、瞬き、リップシンクのみと、専門知識なしで個人運営するならこのくらいだろうなという最低限の動作しか出来ませんでした。

しかし去る2018年7月31日、「カメラの質が良くなった」と称してポリゴンモデルへとモデルチェンジを果たします。

その甲斐あってか、表情もよく動くようになり、首も動かせるようになった上、猫耳の着脱まで行えるようになったようです。

個人運営のVTuberとしてはかなりのクオリティにまで達していますね。

#ヌォンタートとは?雑魚って?

名取さなさんのファンアートを投稿するハッシュタグは「#ヌォンタート」と言います。

一瞬何らかのゲームやアニメの組織名やキーワードなんかに見えなくもないですが、しっかりとした名取さなさんのファンアートタグです。

なぜこのような奇天烈な文字列になってしまったかというと、発端は名取さなさんのミスによるものだそうです。

 

名取さなさんが「ファンアート」と入力(フリック入力)したところ、フリックミスによって「ヌォンタート」と入力してしまい、それを面白がったファンや名取さなさんがそのままファンアートの呼称として定着させてしまった、ということで現在に至るようです。

 

尚、そのヌォンタートにはなぜか名取さなさんがせんせえたちを「雑魚」と呼んで小馬鹿にしているようなイラストが多数存在します。

これは元々「カウントダウン雑魚」と呼ばれる、とある生配信時のエピソードが基になっています。

 

2018年5月14日に配信された「名取と共に地獄に叩き落されるせんせえがた」というタイトルの動画内で、名取さなさんが「催眠音声」で視聴者を催眠にかける際に発するカウントダウンが「こっ恥ずかしくて出来ない」という場面にて、コメントで「ゼロを雑魚と言い換えてみてはどうだろうか」というせんせえからの提案を受け、実践した際に好評を博してしまったことが始まりです。

その後、そのカウントダウン雑魚と名取さなさんの存在が一時的にTwitter上などで話題となり、いわゆる「バズった」状態となった挙句、名取さなさんのたまにちょっとイキってしまう性質と合わさって、ドSキャラ名取さなのネタとして定着してしまいました。

そこで生まれたのがヌォンタートの雑魚発言を多数行う名取さなさんということです。

 

しかし名取さなさんはこの「雑魚発言」が思ったよりも大きな反響を呼んでいることや、自身に雑魚発言をしてほしいとリクエストされることに関してあまり良い感情を抱いていないらしく、注意喚起をしています。

最初に名取さなさんをヌォンタートで知った人、彼女の雑魚発言からファンになったせんせえ方は、このあたりに気を付けて応援をしてあげてください。

名取さなの中の人の声優は誰なの?

企業が運営しているVTuberだろうと、個人が運営しているVTuberだろうと、中の人というものは当然存在します。

勿論それは名取さなさんも例外ではなく、彼女のキャラクターを肉付けしている人物が必ず居るのです。

 

しかし名取さなさんは個人運営であるため、中の人の特定が非常に難しくなっています。

そのため、彼女の中の人に関しては2018年8月14日現在も調査中といった感じです。

 

ここではそんな名取さなさんの中の人特定に役立ちそうな情報をまとめていきたいと思います。

喋り

名取さなさんの中の人は、どうやらあまり配信することや人前で喋ることに慣れた人ではないということが伺えます。

声質は高く、可愛らしい印象を受けるのですが、いかんせんそのトーク力は明らかに素人のものです。

 

曰く「語彙力はガバガバ、噛み噛み、滑舌はあまり良くない」そうで、更には身長を「長いの」と称してしまったり、無理矢理なトーク進行をしてしまったりなど、経験の浅さが垣間見えます。

更に個人運営であるため、出来る限り予算は減らしていきたいと思っているに違いありませんので、プロの声優さんなどを雇ったりはしないでしょう。

 

恐らくは知り合いの女性か、スタッフの一人が頑張って声をあてているのではないかと推測されます。

デ・ジ・キャラットが好き

名取さなさんはデ・ジ・キャラットというキャラクターを好きだと言っています。

このデ・ジ・キャラットは株式会社ブロッコリーと、同社が経営するアニメショップゲーマーズのマスコットキャラクターとして作られたキャラクターであり、誕生は1998年と20年以上前です。

つまりかなり古くから登場しているキャラクターであり、最盛期はアニメ放送が行われた1999年であると思われます。

ゲーマーズへ日常的に通っているなどしない限りは、17歳の人物が触れる機会はあまり無いと考えても良いでしょう。

 

そのため、中の人の年齢は少なくとも10代ではないと推測出来ます。

筆者の個人的な予想となってしまいますが、年齢はおおよそ20代後半から30代ではないでしょうか。

実は男性・・・?

名取さなさんはグラフィックも声も立派な女性ですが、実は中の人は男性なのではないかとも疑惑がかかっています。

その原因は2018年6月24日に開催された「第二回・バーチャル美少女受肉おじさん(通称「バ美肉おじさん」)ワードウルフ」という動画です。

 

この動画は、バーチャルの世界では女性アバターを使用して活動していますが、中身はおじさん(男性)の人たちがコラボして、ワードウルフ(人狼ゲームのようなもの)を遊ぼうという企画から生まれたものです。

参加者は魔王マグロナさんやりむちゃんさん、まきちゃんさんなどといった、本当に中の人がおじさんのVTuberでした。

そしてそんな中に一人、声も見た目も女性そのものである筈の名取さなさんが混じっていたのです。

コンセプトは「見た目は女性、中身はおじさんのワードウルフ」というものなのですから、コンセプトから大きく外れているなら参加出来る訳がありません。

つまり、名取さなさんは動画のコンセプトに則ったVTuberであることが示されています。

 

更には同じようなコンセプトで作成された、バ美肉おじさん合同誌「ビバ・バ美肉!」にも参加してしまっています。

この「ビバ・バ美肉!」にはゲスト作家も参加しているという話なので、そちらの枠で参加していると思いきや、他のバ美肉おじさんたちを差し置いて単独インタビューをされているため、しっかりとコンセプトに沿っていた参加でしょう。

 

以上を顧みると、名取さなさんは見た目こそ可愛い少女キャラですが、声はボイスチェンジャーなどを駆使して可愛らしく加工して、配信を行っているおじさん、男性なのではないかという説が考えられます。

個人運営のVTuberですし、トークにも慣れていないため、作成者本人が頑張って声を当てている可能性も否めませんし、そうであっても納得ですね。

名取さなの中身はこんな人?

以上の推測から、名取さなさんの中の人は

・配信等に慣れてない素人

・年齢は20代後半から30代辺り

・実は女性ではなく、男性である可能性もあり

であると思われます。

名取さなさんの中の人については、現在も調査が進められています。

中の人に関する続報に期待しましょう。

名取さな「なりすまし」で炎上した事件の経緯

名取さなさんは実は下ネタ的なことをあまり好みません。

そのため、同人誌などの作成は許可しているものの、年齢制限を設けるものは住み分けをハッキリさせて欲しいとYouTubeの概要に明記しています。

しかし、ある日突然Twitterに、「名取さな」を名乗るアカウントがアダルトな内容をツイートしまくるという事件が発生しました。

 

これは名取さなさんのなりきりアカウント、いわゆるなりすましアカウントであり、本人も知らぬ場所でそんなアカウントが開設されたことに驚きを隠せないでいるようでした。

このことが原因となって風評被害的に炎上してしまったようですね。

その後、当該アカウントはアカウント自体を削除して逃走。

2018年8月14日現在、アカウントに投稿された内容は一切の閲覧が不可能となっています。

 

このことに関して名取さなさんはなりすましアカウントの持ち主へ向けて空リプを送っています(現在は削除されているため閲覧できないツイートです)

他のVTuberでも同じことをやっている人だったようですね。

今後はこのようななりすまし行為が無いことを願うばかりです。

まとめ

個人運営されているバーチャルナース『名取さな』さんは

  • 企業が関わっていないVTuber
  • 最初は2Dだったが、2018年7月に3Dへとモデルチェンジした
  • 中の人は素人さんで、20代後半から30代の男性という疑惑がある
  • 一度なりすましのR-18アカウントが登場して、思いもよらぬ炎上をしたことがある

がまとめになります!

個人運営ながら、ここまでの人気を伸ばしているという事で、今後の活躍からも目が離せません!

 

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-バーチャルYouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.