熱愛・浮気

中谷美紀の結婚相手・ドイツ人ビオラ奏者の経歴が凄い…彼氏から旦那に

投稿日:

2018年11月26日月曜日、「リング」や「ケイゾク」、「あなたには帰る家がある」など数々の人気ドラマや映画に出演してきた女優『中谷美紀』さんが結婚をすることがわかりました。

お相手は8歳年上の男性で、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団所属のドイツ人ビオラ奏者『ティロ・フェヒナー』さん。

しかしながら、クラシック方面に明るくない限り「ティロ・フェヒナーって誰よ?」という人が多いことでしょう。

ここでは結婚相手で彼氏から旦那になったティロ・フェヒナーの凄すぎる経歴とともに、二人の馴れ初めなどをまとめます。

中谷美紀 プロフィール

  • 名前:中谷美紀(なかたに みき)
  • 生年月日:1976年1月12日
  • 年齢:42歳(2018年11月27日)
  • 血液型:A型
  • 出身地:日本東京都
  • 職業:女優・歌手
  • 所属:クリエートジャパンエージェンシー→スターダストプロモーション→ジーアールプロモーション

中谷美紀が結婚発表!お相手は世界的ビオラ奏者!

2018年11月26日、女優の中谷美紀さんが結婚するということが関係者への取材で明らかになりました。

お相手となったのはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者として活躍する8歳年上のドイツ人男性、ティロ・フェヒナーさんです。

過去に彼氏だと公表していた人が旦那さんに!

二人が出会ったのは2016年10月のことで、小澤征爾さんが指揮を務めたウィーン・フィルハーモニー来日公演の際に出会ったのだといいます。

クラシックが好きな中谷美紀さんが知人を介し、ティロ・フェヒナーさんと知り合い、意気投合したのだとか。

お相手がドイツ人ということで、意思疎通の辺りが心配されましたが、中谷美紀さんは英語が堪能であったため全く問題はありませんでした。

そして意気投合した二人は趣味や嗜好に関しても相互理解を深め、交際に至りました。

この際、時間に関してはほぼかからず、一部では同年11月には交際状態にあると報道されています。

 

尚、この報道時にも中谷美紀さんは全く隠したり誤魔化したりせず、「恋人です」と答えていたとか。

 

中谷美紀さんは2018年9月よりオーストリアのザルツブルクでティロ・フェヒナーさんと同棲していたらしく、日本での仕事がある場合はわざわざ日本に飛行機で来て活動を行っていたようです。

普段のデートは本当に普通のものであり、一緒に食事をとる、公園を歩く、たわいもない話で盛り上がるなどしていたとか。

二人の間には穏やかな空気が流れていたことが、関係者への取材で判明しました。

そうして愛を育んで、2018年11月の結婚に至ったわけですね。

 

結婚を決意した理由はティロ・フェヒナーさんが「常に男性を立て、品のある”大和撫子”な中谷さんに惹かれた」ためであると語っています。

中谷美紀さんは「TBSドラマ『あなたには帰る家がある』で夫に不倫される妻を演じ、結婚することに戸惑いを感じていたものの、女性を大切にするフェヒナーさんに惹かれていったから」であると言っていたそうです。

 

ちなみに、結婚式や披露宴は行う予定はなく、二人は結婚後もバリバリ仕事をする予定でいるのだとか。

中谷美紀さん直筆の結婚発表コメント

中谷美紀さんは今回の結婚報道に関して、直筆で各メディアにコメントを出しています。

が、この直筆コメントがしっかりと毛筆で書かれた超絶達筆な、まるで古文書のような美文字であったがために、美しいけど「字が上手すぎて読めない!」となる人が多発しました。

そのコメントがこちらの画像になります。

確かに最早何と書いてあるか読めない程に達筆で、美しい文字ですね。

 

ちなみに、こちらのコメントは以下のように綴られています。

謹んでご報告申し上げます

初冬のみぎり、皆様におかれましては、ますますご清栄のことと拝察いたします。

 

さて、この度(私こと)ドイツ出身の音楽家ティロ・フェヒナー氏と結婚の運びとなりました。

 

一昨年に数々の偶然が重なって出逢った(私共)は、芸術を愛し、自然に親しみ、旅を楽しむ心を分かち合うことで、絆を育んで参りました。

 

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の楽団員として、また、管弦楽アンサンブルフィルハーモニクスの一員としてオーストリアを拠点にヴィオラを奏でる彼を、演じる者として、日本を主戦場とする(私)は、互いの文化に敬意を払いつつ、共に齢を重ねて参りたいと存じますので、あたたかく見守っていただけましたら幸いです。

 

末筆ながら、これよりの寒さ厳しき季節となりますゆえ、くれぐれもお身体おいとい下さいますようお祈り申し上げます。

 

謹白

平成三十年霜月吉日

中谷美紀拝

言葉遣いや言葉選びまで美しいですね。

ちなみにこのコメントを報道したワイドショー「とくダネ!」のMCを務める山崎夕貴さんは「達筆ですよね~、私も書道十段なんですけど、私の教養レベルではこれは読めない。ちょっと読むのに時間がかかるほど達筆です」と評価していました。

結婚相手のドイツ人ビオラ奏者ティロ・フェヒナーとは?

それでは中谷美紀さんの心を射止めた男性、ティロ・フェヒナーさんとは一体何者なのか。

詳しい説明をしていきたいと思います。

ティロ・フェヒナーのプロフィール

  • 名前:ティロ・フェヒナー(Thilo Fechner)
  • 生年月日:1968年?月?日
  • 年齢:50歳(2018年11月27日現在)
  • 出身地:ドイツ
  • 職業:ビオラ奏者
  • 所属:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

ティロ・フェヒナーとはどんな人?

ティロ・フェヒナーさんとは、音楽の都ウィーンを拠点とするオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員です。

担当楽器はビオラです。

ベルリンの音楽一家に生まれ、ベルリンの芸術大学やニューヨークの名門であるジュリアード音楽院で音楽や芸術を学んだ、まさしく音楽漬けの人生を送ってきた音楽のエリートとも言える男性です。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の精鋭たちで構成される管弦楽アンサンブル「フィルハーモニクス」の一員でもあり、名実ともにトップクラスのビオラ奏者であることが明らかです。

 

更にその容姿は端麗であり、甘いマスクは世のクラシック愛好家の女性たちを虜にしてきました。

むしろそれだけモテモテなのに、なぜ今まで結婚していないのか、疑問に思われる程です。

これもきっと運命だったということなのでしょうか。

 

趣味は多数あるようです。

音楽以外に登山が好きであったり、バイクが好きであると言われています。

アウトドア派のようです。

中谷美紀さんが公式サイトの日記の中でザルツブルクでの生活を語った際に「山の中で暮らしている」と言っていることから、自然が好きなことは間違いありません。

そして「食材用に大葉、トマト、ルッコラを育てている」と言っていたことから、家庭菜園やガーデニングなんかも好きなのかもしれません。

旦那さんの凄すぎる経歴

ティロ・フェヒナーさんは最初からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に所属していたわけではありません。

ティロ・フェヒナーさんは1996年にスイス・ロマンド管弦楽団に所属、翌年にはミュンヘン・フィルに在籍を開始したようです。

そこから7年後の2004年にウィーン国立景樹嬢管弦楽団に入団、2007年からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーになったようです。

そして2018年現在、フィルハーモニクスの構成員でもあるティロ・フェヒナーさんは欧米アジアなど世界中で音楽活動を行うために飛び回る生活を続けているようです。

中谷美紀の国際結婚にネットでの反応

中谷美紀さんとティロ・フェヒナーさんの結婚に関して、ネット上では多数祝いの声がハッシュタグ「#中谷美紀」で飛び交っています。

その他に注目されたのは、やはり達筆な中谷美紀さんの直筆コメントです。

やはり綺麗だけど読めない、という声が大半ですね。

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-熱愛・浮気
-

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.