YouTuber

ジョーブログの年齢や彼女はあかね?垢ban理由の書類送検事件がヤバい

投稿日:

ジョー』さんとは、2014年よりチャンネルを開設しているベテランYouTuberの一人です。

かなり前衛的な企画を持ち出すことで有名であり、チャンネル登録者数も非常に多い超人気YouTuberとなっています。

今回はそんなジョーブログのジョーさんについて、年齢彼女あかねなのか、垢banリーチの理由となった書類送検炎上事件などをまとめてみました。

ジョーの年齢やwikiプロフィール

破天荒な自称金髪の革命児「ジョー」とは?

ジョーさんとは、2014年より活動を続けている、ベテランYouTuberの一人です。

ジョーブログのジョー」といえば、かなり有名なYouTuberなのです。

YouTubeチャンネルの概要に書いてあるだけでも非常に濃厚でチャレンジに満ちた人生を送っていることがわかる人物であり

  • 0円で冬のアメリカ大陸を往復×2
  • バイクとヒッチハイクのみで南米縦断
  • クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、たった1週間で目標金額の120万円を達成し、二冊目の自費出版本を発売する
  • Abema TV1周年企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」に挑戦者として登場、3Rまで戦い抜く
  • Abema TVの企画でプロボクサー試験に3ヶ月のみの期間で合格するという企画に参加、成功させてプロボクサーの資格を手に入れる

それ以外にも武勇伝のような逸話は数多く存在し

  • ホームレスになったことがある
  • 募金だけで100万円を集めてバーを作ったことがある
  • 無人島サバイバル生活を行ったことがある
  • スケボーとママチャリで日本一周を達成した
  • ヒッチハイクのみで日本一周を達成した

ということもあったと明らかにされています。

チャンネルに冠された「CRAZY CHALLENGER」という名前や、自分で名乗っている「金髪の革命児」が嘘ではないということを体現しています。

ジョーさんが立ち上げる企画は非常に前衛的なもので、何事にも全力でぶつかっていくようなスタイルが非常に受けており、今日まで愛されてきた人物となっています。

ジョーブログの動画

ジョーさんが運営する「ジョーブログ」の企画は、非常に攻め込んでいることで有名であり、社会的なものからおバカなもの、ちょっとエッチなものまで様々です。

ジョーブログは2019年6月26日現在三種類存在し

  • ジョーブログ
  • ジョーブログDEEPP
  • ジョーブログ2nd

がそれぞれ別のコンセプトの基に運営されています。

ジョーブログは一番のメインチャンネル、ジョーブログDEEPはエロ系や過激系の動画、ジョーブログ2ndは日常系動画と使い分けているようです。

 

ジョーブログの動画のジャンルは基本的に「やってみた」系となっており、誰もやらないだろうことにとにかく挑戦しています。

ジョーブログのチャレンジは多数存在しますが、一例として挙げられるのが

  • 北朝鮮に潜入
  • タイ最大のスラム街へ行く
  • ピラニアのいるアマゾンの川でいかだ下り
  • 反社会的組織の人物や暴走族と絡む
  • 麻薬の売人を現行犯逮捕しようとする

といったものです。

一歩間違えば大怪我でも済まないようなことをいとも簡単にやっています。

勿論、真似なんてしてはいけません。

人がやらないことを全身全霊賭けてやり抜くのが、ジョーブログの大きな特徴ですね。

ジョーブログの彼女はあかね?

ジョーブログはジョーさん一人で運営されているわけではなく、複数人のサポートメンバーが存在して成り立っています。

そのメンバーというのが

  • マネージャーの「りょうや」さん
  • 撮影の「さいどん」さん(2017年4月でジョーブログを卒業)
  • 時折動画に出演する女性の「あかね」さん

です。

ジョーさんのチャレンジは、彼らの働きもあってこそのものなのです。

 

尚、一時期ジョーさんの彼女はメンバーのあかねさんではないかと言われてきました。

あかねさんはこちら。

が、ジョーさんは動画のコメント欄ではっきりと否定しています。

あかねさんとは2012年頃からの付き合いみたいですね、(以下2016年の発言)

また、Twitter上でも彼女がいないことを明らかにしていたことがあります。

ジョーブログ垢Banリーチで動画を削除

書類送検をされようとも、尖った動画を投稿し続けることを誓ったジョーさんでしたが、この度ジョーブログのアカウントが永久削除される「垢Ban」一歩手前状態にあることを明らかにしました

YouTubeはよりよいサイト運営のために、ガイドラインが設けられています。

このガイドラインに違反していると思われる動画が通報されたり、見つかったりして、その内容がガイドライン違反であると定められた場合、いくつか段階を踏んだ罰則を受けられることになります。

 

初回違反の場合はまだ軽いもので、「事前の告知」のみで済みます。

ですが、二回目以降は三段階に分けた「違反警告」が執行されることになります。

一回目の違反警告が一週間の動画投稿禁止処理、二回目は更に伸びて二週間の動画投稿禁止です。

三回目でとうとうアカウントがBanされ、チャンネルは削除、という運びになってしまいます。

尚、違反警告から当該アカウントが違反なしで90日間を経過させると、違反警告は無しになります。

垢BAN度重なる過激動画の果て…

ジョーブログはもう既に一度目の違反警告を受けた後であり、2019年6月24日で受けた違反警告で二度目の違反警告となってしまっています。

そのため、6月24日より90日間が経過しないうちにもう一度違反警告を受けてしまうとジョーブログのアカウントが削除されてしまうという危機に陥ったのです。

ここで普通のYouTuberなら動画の投稿を停止し、活動を休止する人も多いです。

ですが、ジョーさんは動画再生数が伸びる夏を目前として、活動休止をする予定はないということを動画内にて語っています。

 

そこでジョーさんが取った手段は、アカウントを3つに分割することでした。

今回規制を食らった「ジョーブログ」のメインアカウントは、ガイドライン違反をしないような内容の動画(ジョーさんのことなのでギリギリを狙っていくとは思いますが)を投稿する場所に。

既に作ってあったサブチャンネルは「ジョーブログDEEP」に改名、今までジョーブログのメインアカウントにアップロードしていた過激な動画は今後こちらの方に上げていくことを宣言しています。

また、今までサブチャンネルに上がっていた動画は新たに作成した「ジョーブログ2nd」にてアップロードすることが宣言されています。

 

更に万全を期すためか、ジョーブログのメインアカウントにアップロードされていた過激な動画と思われるものは、メインアカウントから大量に削除されました。

その総勢は34本以上に登り、ファンの間では再アップロードを求める声も見られます。

ジョーブログの垢banの原因となった書類送検・炎上事件がヤバい

ジョーさんは前衛的で前のめりな企画を大量に排出しているため、人気である反面非常に炎上しやすい人物であることで有名です。

以下はそんなジョーさんの炎上の歴史です。

動画で美人局ヤラセ事件

ジョーさんは既に削除された動画の「援交してる男を釣ってラブホに呼び出してガチギレしてやった」と題された動画内にて、「美人局」と「ヤラセ」を行ったと言われて炎上しました。

動画の内容は「あかねさんに男性とLINE交換をさせて援助交際を取り付け、あかねさんが男性とラブホテルに入ったところでジョーさんが登場し、男性に説教」という流れで進みます。

この動画内の一連の流れが「男性が自分の内通している女性を使って被害者に性的な関係を持たせ、後から男性が被害者に対して言いがかりをつけて詐欺を行う行為」である美人局とやり口が同じだと言われたのです。

確かに援助交際を申し込まれてホイホイついていく男性にも自己防衛が足りないと言わざるを得ないですし、そもそも援助交際をするという行為自体に問題がありますが、男性を騙して詐欺紛いの事をやったジョーさんにも問題があったことは否定できません。

 

しかしこの動画、内容云々の他に「ヤラセなのではないか」という疑惑も挙がっていたのです。

理由は呼び出された男性にありました。

呼び出された男性は足首にミサンガを巻いているという特徴的な部分があるのですが、このミサンガが別の動画に出ていた男性がつけていたものと同じものだったのです。

「男性」が「左足」に「同じ柄で同じ色のミサンガを巻いている」という偶然が、そうそうあるとは思えません。

そのため、動画に撮影されている人物は同じ男性であり、動画はドキュメンタリーではなく、面白くするためだけに撮影された「ヤラセ動画」であったとされているのです。

 

尚、2019年6月26日現在当該動画は公開が停止されて視聴が不可能となっています。

炎上しすぎて手に負えなくなったため、鎮火の目的で行われたと推測することが出来ます。

また、当該動画に関してジョーさん自身からの詳細説明は一切無く、真相は不明です。

ジョーブログ主催の文化祭炎上事件

ジョーさんはかつてクラウドファンディングで資金を募り、無料の文化祭イベントを開催しています。

費用はクラウドファンディングで集めたものを使うため、完全無料を謳い文句としており、有名YouTuberが開くイベントということで非常に注目が集まる催しでした。

しかし蓋を開けてみれば

  • 600円のワンドリンク制で完全無料ではない
  • 無料の食事は「カレー」「フランクフルト」「焼きそば」のみ
  • Twitterでの実況や動画での内容拡散が禁止
  • ジョーさん自身はオープニング以外ほぼ出てこない

といったものであり、その内容とやり方について炎上してしまったようです。

更には模擬店出店の権利や文化祭内での活動権利、打ち上げ費用といった面で更に沢山の金を視聴者や関係者から搾り取っていたことが明らかにされ、火に油が注がれた状態となっていました。

前科多数?他にもあるジョーブログの炎上事件

以上の大きな炎上騒ぎの他にも、ジョーさんは多数の炎上を起こしています。

まとめて紹介しますと

  • Yahoo!オークションで自伝本を他人のアカウントになりすまし、定価以上の料金で出品
  • ジョーさんが参加したイベントにゲストで「かずきむぎちゃ」さんを呼んだものの、ギャラの支払いを行わなかった
  • オフ会を行った際、参加費として3000円を募ったものの、実際オフ会で振舞われたコースは2500円のものだった
  • コレコレさんの配信で女性と肉体関係を持っていたことを大暴露され、更に避妊もしておらず行為に及んでいたことが判明する

とのことでした。

非常に人気のあるYouTuberで、これだけ炎上事件が存在するのは珍しいのではないでしょうか。

しかもほぼ言いがかりレベルのものではないこともある意味見事であると言わざるを得ません。

 

また、これらの炎上事件のほぼ全てでジョーさんは沈黙を貫いており、炎上は自然に鎮火しています。

2019年初炎上!?渋谷のスクランブル交差点で事件を起こして書類送検

また、ジョーブログの2019初発炎上事件として有名なのが、ニュースにもなった「渋谷のスクランブル交差点」の事件でしょう。

事件の概要は以下の通りです。

 

2019年3月27日、ジョーさんが渋谷のスクランブル交差点の中にベッドを置き、そこで寝ることが出来るかどうかの動画を撮影しました。

道路のど真ん中に放置されたベッドにパジャマ姿で寝るジョーさんが動画内に映されています。

通行人の中には、そのパジャマでベッドで寝ている男性が「ジョーブログのジョー」であることが分かり、スマートフォンなどで撮影を行い始める人もいます。

そのせいでただでさえ通行人で溢れていた渋谷のスクランブル交差点が混雑し、通行が困難となってしまいました。

その後、赤信号となる前にジョーさんが寝ていたベッドは協力者の男性4人の手で運ばれますが、歩道前にて転倒してしまいます。

以上の様子が収められた動画が公開され、ジョーさんの当該動画に批判が殺到しました。

 

また、以上のことが道路交通法に触れてしまい、ジョーさんを含む関係者7人は書類送検を受けるという事態にまで発展します。

幸いにして逮捕になるまでは至らなかったものの、ジョーさんらは警視庁渋谷署に出頭しました。

その様子を動画撮影し、ジョーさんは動画内にて「警察の人はすごく時間を取ってくれて申し訳ない」と反省の意思を示しています。

ですがジョーさんは完全に動画に関して自粛するといった考えはないらしく、同出頭動画にて「とがってぶっ飛んだことをまだまだやっていきたい」とハッキリ告げていました。

まとめ

2014年から活動を行っている超有名ベテランYouTuber『ジョー』さんは

  • 「ジョーブログ」という動画チャンネルで動画投稿を続けているYouTuber
  • 人のやらなそうな、危険で前衛的な企画に数多く挑戦しており、その無鉄砲さで人気を博している
  • 過去三度のバー経営を行っており、2019年6月26日現在はインフルエンサーの集まるBar「READY GO」のみが開店状態
  • 過激な内容とエンターテインメント性を重視しすぎるせいか、人気も高いが批判も大きく、炎上騒ぎを数多く起こしている
  • 2019年3月に全国ニュースとなってしまう程の迷惑行為を働き、書類送検をされてしまう
  • メインアカウントである「ジョーブログ」がガイドライン違反で警告を二度食らい、アカウントBan一歩手前の状態にある

とのことです。

 

垢Ban目前となってもチャンネルへの動画投稿をやめないと宣言しているジョーさん。

これからもどのような企画に挑戦していくのか、注目が集まります。

ジョーブログのバー「Ready go」クラウドファンディング炎上騒動まとめ

YouTuber「ジョーブログ」さんのバー「Ready Go」はクラウドファンディングでの資金集めによって炎上騒動を起こ …

続きを見る

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-YouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2019 All Rights Reserved.