熱愛・浮気

登坂淳一アナ(画像)の女性問題が文春砲!結婚した嫁とも離婚していた

投稿日:

元NHKアナウンサーで「麿」のあだ名で親しまれていた登坂淳一アナ(46)。

そんな登坂アナの「セクハラ疑惑」という衝撃のニュースが舞い込んできました。

2018年4月2日からスタートするフジテレビの新番組も降板することになり、世間を賑わせています。

今回は登坂淳一アナウンサーのセクハラ疑惑について、文春砲が報じた女性問題スキャンダルの内容を紹介します。

また登坂淳一アナが結婚していた嫁の画像や離婚原因などもまとめます。

登坂淳一アナウンサーの画像とプロフィール

  • 名前:登坂 淳一(とさか じゅんいち)
  • 愛称:麿(まろ)
  • 生年月日:1971年6月10日(46歳)
  • 出身地:東京都
  • 最終学歴:法政大学第二経済学部卒業
  • 職歴:元NHKアナウンサー(1997年4月 - 2018年1月11日)
  • 所属事務所:ホリプロ

登坂淳一アナの経歴

登坂淳一アナウンサーは元NHKアナウンサーで「おはよう日本」や定時のNHKニュースを担当していました。

若くしてロマンスグレーな見かけと、安定したアナウンス力、低く耳心地の良い声でファンだった方も多いことでしょう。

登坂淳一アナは2018年からフリーに転向しホリプロ所属となりました。

そして早速4月2日にフジテレビの夕方ニュース番組(番組名未定)のメインキャスターに大抜擢。

アナウンサーとしての実力が業界内全域に認められていたことがわかります。

麿の愛称で親しまれ、白髪はトレードマーク

登坂淳一アナは貴族のような雰囲気から「麿」というあだ名をつけられていました。

しかし私生活では物腰が柔らかく、地方放送局に移動になった際に担当していたローカル番組では体当たりなリポ

ートや冗談を言いながら番組進行していくおちゃめな一面も。

そういったギャップに惹かれるファンが多くいました。

さらに2011年の震災時には特別体制の緊急ニュースでキャスターを務め、登坂淳一アナの落ち着いた声を聞き精神的に支えられた方も多く、NHK公式Twitterアカウントも「まろ…。」と呟やき応援の気持ちを表していました。

ちなみに、トレードマークの白髪は、もともと若白髪が目立っていたが、髪が痛むため白髪染めをしなくなったことが原因だそう。

秀でたアナウンス力、人柄ともに日本中に愛される麿こと登坂淳一アナ。

しかし、この度衝撃的なニュースが飛び込んできました。

登坂淳一アナの女性問題が文春砲される

登坂淳一アナは2018年4月2日から担当するはずだったフジテレビのニュースキャスターを電撃降板することになりました。

なんと2018年1月25日発売の週刊文春で「セクハラ疑惑問題」が発覚したのです。

文春は2011年に登坂淳一アナがNHKの契約職員だった女性の体を触ったり、キスを迫ったりし、NHKからも厳重注意がなされていた疑惑があるとして発表しました。

登坂淳一アナのスキャンダルを報じた文春砲の内容

  • 夜7時頃 居酒屋にて、登坂淳一アナは取材で訪れたNHKローカル局のスタッフたちからおもてなしを受けていた。
  • 二次会でカラオケ付きの飲食店に行くと、10人くらいのソファ付きの個室に入る。
  • そこで登坂淳一アナは両隣に座った新人の契約キャスター2人の脚をさわるなどセクハラ行為を行なった。
  • 立場の弱い新人2人は反抗できず。
  • さらに、登坂淳一アナは20代の田中キャスター(仮名)の体を触りながら耳元で「一緒に抜け出さない?」と囁く。
  • 彼女は『初対面なのにベタベタ触ってきて嫌だな。この人は女性を見下しているな』と感じたとのこと・
  • 田中キャスター(仮名)対応に困ってトイレに逃げこむと、登坂淳一アナが追ってきた。
  • 登坂淳一アナがトイレ前の廊下で彼女に再びセクハラ行為に及んだ。
  • 田中キャスター(仮名)をショックで二次会から早めに帰宅。その後、登坂淳一アナから『どうして帰っちゃったの?』とメールが来る。
  • 田中キャスター(仮名)はNHKにセクハラを報告するか迷ったが、弁護士や先輩アナに相談した上、報告した。
  • 登坂淳一アナのセクハラはローカル局を通じて札幌放送局に報告され、上司から厳重注意の処分を受けた。

過去の左遷も女性問題が関係していた?

登坂淳一アナはこれまで

  • 1997年:NHKに入局
  • 和歌山放送局
  • 大阪放送局
  • 2003年:東京のアナウンス室
  • 2010年:札幌放送局
  • 2014年:大阪放送局
  • 鹿児島放送局(デスク業務のみ)
  • 2018年1月11日にNHKを退職
  • 2018年4月からホリプロ所属のフリーアナウンサーとして活動

と地方の異動を繰り返しています。

今回の『セクハラ疑惑』報道を受けて、これらの異動は過去の女性問題による左遷なのではないかとも見られているようです。

登坂淳一アナ側は文春砲の内容を否定

しかし、登坂淳一アナはホリプロ所属時に、事務所に入る芸能人が全員受ける「身体検査」を受けており、その結果、過去に問題行動はないとされていました。

さらに7年も前のことがどうして今リークされるのかも大きな疑問です。

登坂淳一アナは今回の騒動に対し、事務所を通して以下のコメントしています。

「4月から新たに始まるフジテレビのニュース番組のキャスターのお話をいただいていたのですが、今回の週刊誌報道でお騒がせしたことを受けて、出演を辞退することにいたしました。報道内容については、身に覚えのないことも多く、困惑するような内容で非常に残念ではありますが、大事な新番組を傷つけることは本意ではなく、自ら身を引く潔さも大切と思い至るようになりました。今後も様々なお仕事に挑戦していく所存ですので、何卒(なにとぞ)よろしくお願いいたします」

本人は事実を否定をしていますが、騒動になってしまったことに関しては責任を感じているようです。

フジテレビ側も本人の意向を図り、やむなく辞退を認めたという形でした。

また文春が登坂淳一アナにコメントを求めると弁護士からは、NHK在籍時に処分は受けてないと回答し、フジテレビも

「セクハラで処分を受けたことはない」
「酔って体を触った程度で覚えていない」

と聞いているとのこと。

NHK同期の嫁・永谷幸代さんとは2017年に離婚

登坂淳一アナは、2001年の大阪放送局時代に結婚していました。

嫁は永谷幸代さんはという方で、NHK大阪編成局編成部の副部長として活躍していた登坂淳一アナの元同期だったよう。

  • 登坂淳一アナの元嫁・永谷幸代さんの画像

しかし登坂淳一アナと結婚後、女性問題の噂が絶えず出てしまったためか、札幌、大阪、鹿児島と左遷を繰り返し、最終的に2017年春に離婚してしまったとのこと。

あるニュースによれば、登坂淳一さんの嫁が不倫をしていたという情報もあるようです。

登坂淳一アナの妻である永谷幸代さんは、NHK大阪編成局編成部の副部長として活躍している。その彼女が、元NHK職員であり東京都葛飾区議会議員の立花孝志議員(50歳)と、かつて不倫関係にあったことが判明し、物議をかもしている。

・2時間にもおよぶ「野外キス攻め」
登坂淳一アナと永谷幸代さんはNHKの同期で、ほどなくして交際をスタート。しかし永谷幸代さんは当時NHK職員だった立花孝志議員の肉体を激しく求め、猛烈にアプローチ。2時間にもおよぶ「野外キス攻め」のあとも猛烈アピールで攻め、永谷幸代さんが自宅に招き入れて関係を持ったという。

この情報の信憑生や子供の有無などその他の情報は不明です。

登坂淳一アナの女性問題にネット上の反応は?

登坂淳一アナの女性問題を受けて世間からは

「信じられない」
「絶対に何か裏にある」
「登坂淳一アナがそんなことをするはずがない」

と驚きの声があがりました。

一方で、「地方局を点々としていたのは、そういった女性問題による左遷が原因なのでは…?」という声もあがっています。

登坂淳一アナは誠実な雰囲気と柔らかい物腰で老若男女に人気だっただけに、今回のセクハラ降板騒動で肩を落とした人たちも多そうですね。

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-熱愛・浮気

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.