炎上・騒動

スリムクラブに闇営業仲介モノマネ芸人B(他事務所)は誰?【フライデー】

投稿日:

2019年6月からカラテカ入江さん、雨上がり宮迫さんなど『闇営業』が問題となっていますが、27日にはスリムクラブが闇営業で無期限活動禁止処分となりました。

そんな中、スリムクラブに暴力団関係者(稲川会)の闇営業を仲介した他事務所モノマネ芸人Bは誰なのかと話題に。

そこでフライデーの内容とともに、モノマネ芸人Bの正体の特定情報をまとめました。

スリムクラブに闇営業仲介モノマネ芸人B(他事務所)は誰?

2019年6月27日にお笑いコンビ「スリムクラブ(内間、真栄田)」と「2700」が暴力団関係者の会合で闇営業を行ったことで、吉本興業から無期限謹慎処分にされました。

「2700」に関しては、「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)さんらとともに、振り込め詐欺グループのパーティーに事務所を通さず参加し金銭を受け取りらと謹慎処分を受けたばかりです。

吉本興業はこの闇営業騒動で、さらなるコンプライアンスの徹底と反社会的勢力の排除に向けた「決意表明」を発表したわけですが、今回はスリムクラブの2人も被害に。

 

吉本興業はマスコミ各社にファクスで

  • 「スリムクラブ」の真栄田賢(43)と内間政成(43)
  • 「2700」の八十島宏行(35)と常道裕史(36)

の4人が約3年前、他事務所の芸人を仲介として、飲食店オーナーの誕生日パーティーで芸を披露してほしいと依頼されたことに対して参加し、一定の金銭を受領したことを報告し、謹慎処分にしたことを伝えました。

このギャラは、スリムクラブは2人合わせて「15万円」ほどといわれています。

 

わずか15万円のギャラでキャリアを棒に振ってしまったのがスリムクラブなのです。

 関係者によると、ギャラの相場は「会社を通さない仕事では最低でも30万円はある」レベル。知人の芸人Bから振られた闇営業は相場よりかなり安い金額で、芸人仲間は「たまたまスケジュールも空いていて行くことを決めたのかもしれない。暴力団関係者の会合と知っていたらそもそも行くはずがない」と話した。

ネット上では内間さんが番組の企画で東京都世田谷区に9000万円の一軒家を購入し、ローンの支払いが毎月20万円(74歳まで支払いが続く)であることをうけ、心配の声があがっています。

 

一方で話題になっているのが、スリムクラブに闇営業を仲介した芸人が誰なのかということ。

2019年6月28日発売のフライデーによれば、スリムクラブはモノマネ芸人Bの仲介によって闇営業をしていたことが報道されています。

きょう28日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)では「スリムクラブ」が指定暴力団「稲川会」No・3に当たる本部長の男性の誕生会で闇営業していたと報道。16年8月ごろ、川崎市内の韓国クラブを貸し切りにして開かれたと伝え、上半身裸の内間が1000円札をつなげて作った首飾りを下げている写真を掲載している。

本紙の取材では、仲介役を務めたのは他事務所のモノマネ芸人Bだった。Bの知人は「Bはパーティーの主催者と何度か仕事をしたことがあるそうです。スリムクラブには建設会社の社長関連の会合だと言って声を掛けた。彼らは初めてその場に行った」と話した。裏側で一体どのようなやりとりがあったのか、Bの証言が待たれる。関係者によると、スリムクラブ2人へのギャラは10万~15万円とみられ、ネタを披露した後は客と数時間、宴席をともにしたとみられる。

吉本興業では闇営業で、振り込め詐欺グループの会合に参加していたことが今月発覚。仲介役をしたカラテカ入江慎也(42)が契約解消、参加した宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら11人が24日に謹慎処分となった。

関係者によると、反社会的勢力とは知らずに参加した真栄田ら4人は憔悴(しょうすい)しきった様子。真栄田は事務所を通じて文書で「認識が甘く、このような形になってしまったことは、大変心苦しいです」、内間は「この謹慎で自分と向き合い、自分の生き方を堂々と話せる人間になりたいと思います」と心境をつづった。

このスリムクラブに闇営業を仲介した他事務所のモノマネ芸人Bが誰なのかという事で大きな話題になっています。

稲川会の闇営業を仲介したモノマネ芸人Bは特定済み?

スリムクラブに闇営業仲介した稲川会と関係を持つモノマネ芸人Bは特定済みなのか、調査してみると・・・

ネット上であがっていたのは、

  • ビジーフォー
  • ビトタケシ
  • 矢沢B吉
  • バーモント秀樹
  • ビューティーこくぶ
  • BBゴロー

といった名前でした。

 

一方でBはイニシャルではなくて関係ないのではないかという声もあります。

たしかにその線はありますが、それならなぜモノマネ芸人Aにしなかったのかも謎です。

フライデーのモノマネ芸人Bではなくモノマネ芸人T?

なお、フライデーではモノマネ芸人Bとされましたが、ネットメディアサイゾーウーマンによれば、スリムクラブに闇営業を仲介したとみられるのは有名歌手のモノマネ芸人Tともいわれています。

「闇営業問題は吉本だけでなく、ほかのお笑い事務所、ひいては芸能界全体に昔から蔓延しているとされています。今回、スリムクラブを仲介したとみられているのは、報道されている暴力団幹部と交流があることで知られる、有名歌手のものまね芸人・T。大手プロの所属ではなく、また知名度も決して高くはないものの、反社会的組織に『非常に近い人物』と評判です」(実話誌編集者)

「今回の件でも、闇営業を行ったスリムクラブ以上に、仲介者となったTの方が、より罪は大きい。しかし、同じ吉本所属であれば、社内で処分できるものの、他事務所となると『警告』が関の山で、もし知らぬ存ぜぬの態度を取られてしまえば、それ以上打つ手もない。Tが幹部の素性を知っていて、かつスリムクラブを“だまし討ち”していたとすれば、入江以上に悪質と言えるでしょう」(同)

引用:サイゾーウーマン

サイゾーウーマンによって報じられた内容をまとめると、

  • イニシャルがT
  • 有名歌手のものまねをしている
  • 大手プロの所属ではなく、知名度も高くない
  • 暴力団(稲川会)と交流があることで知られている

とされています。

 

なお、モノマネ芸人Tとした際に上げられていた名前が

  • 谷村 仁司 (たにむらじんじ)
  • 民秋貴也 (たみあきたかや)
  • 超特急ひかり
  • 轟 進一 (とどろきしんいち)
  • 大平 まさひこ

らになります。

 

この中にフライデーにも報じられたモノマネ芸人Bであり、モノマネ芸人Tはいるのか不明ですが、ここまで話題になっていたらいずれ週刊誌にすっぱ抜かれることになるのではないでしょうか。

モノマネ芸人Bはバンドー太郎と判明

2019年6月29日、モノマネ芸人Bは、バンドー太郎(49)であることが判明しました。

お笑いコンビ、スリムクラブと2700が暴力団関係者の会合で闇営業して、所属の吉本興業から無期限謹慎処分になった問題で、仲介者とされるものまね芸人のバンドー太郎(49)が28日、日刊スポーツの取材に答えた。

会合を報じている28日発売の写真週刊誌「FRIDAY」は、暴力団関係者の知人の話として「キャバクラの経営者が(暴力団関係者の)誕生パーティーを開き、呼んだんだと思う」と証言したが、吉本興業は「別の芸能事務所の芸人から誘われて漫才の営業に行った」と説明していた。この芸人がバンドーだった。

バンドーは「正直に言いますが、仕事のあっせんをしています。ただ、紹介はしたけれど、パーティーが暴力団関係者とは知らなかった。報道を見て初めて知りました」と証言した。

パーティーは「過去に2、3回、仕事を世話していただいた建築会社の社長さんからの紹介です。『実の兄貴の誕生会があるので出てほしい。何人か有名な人がいれば、連れてきて欲しい』と頼まれました」。以前、食事の席で一緒になった時に「仕事があったらください」と頼まれていた、スリムクラブと2700に声を掛けたと言う。

「スリムクラブさんと仕事を一緒にするのは、その時が初めて。正直、僕も暴力団関係者とは思っていませんでした。分かっていたら、テレビで活躍されている有名な方に声をかけません」

当日のパーティーの様子について、バンドーは「出席者は、ごく普通のTシャツとかジーンズ姿で、暴力団関係者ではなく建設関係の会社の集まりだと思いました。正直、現場では判断がつかない」と振り返った。

ギャラは当日、30万円を紹介者の建設会社社長からもらい、バンドー、スリムクラブ、2700で10万円ずつ、分けたという。「いわゆる“取っ払い”で、税金などは払っていないと思います。まさか、こんなことになるとは」と戸惑っている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

モノマネ芸人B(バンドー)とT(太郎)どちらもあっていたみたいですね。

バンドー太郎がスリムクラブ仲介モノマネ芸人Bと特定。画像と経歴ヤバい

スリムクラブが闇営業の問題で吉本興業から無期限活動休止処分が下されましたが、仲介したモノマネ芸人Bが誰なのか話題になって …

続きを見る

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-炎上・騒動

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2019 All Rights Reserved.