熱愛

春風亭昇太の嫁が元宝塚の宝珠小夏(下薗利依)と特定。結婚相手経歴が凄い

投稿日:

春風亭昇太さんの結婚相手元宝塚宝珠小夏(下薗利依)さんで話題になっています。

しかも春風亭昇太さんのとされる人物が美人で経歴も凄いとか・・・

 

そこで

  • 春風亭昇太の結婚相手が宝珠小夏(下薗利依)と特定された理由
  • 下薗利依の画像や経歴
  • 宝塚を引退した経緯と現在の仕事

についてみていきましょう。

春風亭昇太の嫁が元宝塚の宝珠小夏(下薗利依)と特定

2019年6月30日に放送された笑点で、落語家の春風亭昇太が結婚を生発表されました。

日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜・後5時半)の6代目司会を務める落語家の春風亭昇太(59)が30日、同番組内で結婚を生発表した。これまで独身を売りにしイジられてきたが、12月に迎える60歳の還暦を前についにゴールインとなった。

番組の最後に昇太が登場すると「春風亭昇太、59歳。ついに、ついに結婚することになりました。ありがとうございま~す。還暦前になんとかなりました!」と喜びをかたった。

引用:スポーツ報知

 

そんな中、2019年7月1日(月)に日刊スポーツが「春風亭昇太「遅すぎ婚」お相手40歳は元宝塚の娘役」と報じました。

ここでは、6月30日に40歳の一般女性と結婚することを発表した春風亭昇太さんの結婚相手に素性が明らかに。

嫁は一般相手とのことでしたが、じつはタカラジェンヌで、

  • 現在年齢40歳
  • 元タカラジェンヌ(宝塚)。
  • 約4年間娘役として活躍。
  • 退団後はドッグプロデューサーを経て現在はペットショップとペット関連学校役員。
  • 犬関連著書も執筆。

といった経歴の持ち主であることが報じられています。

日刊スポーツの取材によると相手は元タカラジェンヌ。

約4年間、娘役で活躍した。

その後ドッグプロデューサー、
トリマーとして活動し
現在、老舗ペットショップとペット関連学校の役員。

犬関連著書がある清楚(せいそ)な美女という。

 

さらに産経スポーツによれば

落語家、春風亭昇太(59)が6月30日に結婚発表してから一夜明けた1日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)に生出演した。

昇太は「死ぬほどはずかしいです。いい年してね」と照れまくり。前日に日本テレビ系「笑点」(日曜後5・30)で電撃発表したが、「発表してから楽屋に戻ったらメールが死ぬほどきていた。僕のスマホの中がすごいです」と反響の大きさを明かした。

相手は40歳の一般女性と明かしていたが、事前に報告されていたパーソナリティーを務める放送作家でタレント、高田文夫(71)は「宝塚だよ」と元タカラジェンヌであることを暴露。昇太は「ちょっとしかいなかったんです」と明かし、高田は「たかが4年ですよ。なんで俺が知ってるんだよ」とノリツッコミしていた。

とタレントの高田文夫が結婚相手は元宝塚のタカラジェンヌであることを明かしています。

 

結婚相手の名前については現在は一般女性ということで濁されていますが、上記の経歴の持ち主から

落語家・春風亭昇太(59)の嫁は元タカラジェンヌである宝珠小夏(下薗利依)であることが判明しています。

春風亭昇太さんと宝珠小夏さんは、知人の紹介で14年前に出会い、3年ほど前に昇太が出演する舞台「熱海五郎一座」を宝珠小夏さんが観劇に来てくれたことがきっかけとなり食事に行くようになり交際に発展したそう。

披露宴は夏にも都内ホテルでとりおこなわれるとのこと。

 

それでは春風亭昇太さんの結婚相手で嫁となった下薗利依(宝珠小夏)さんとはどのような人物なのでしょうか?

春風亭昇太の結婚相手・宝珠小夏(下薗利依)の画像と経歴

  • 名前:下薗利依(宝珠小夏)
  • 生年月日:1978年8月28日
  • 現年齢:40歳
  • 出身地:東京都・世田谷区

下薗利依さんは東京女学館の小学校、中学校、高等学校出身で、その後、宝塚歌劇団に1997年に83期生として入団します。

宝珠小夏という名前で活躍しており雪組の娘役でした。

実は母親と祖母が宝塚ファンということでその影響で宝塚に入ったみたいですね。

下薗利依(宝珠小夏)が宝塚を引退した理由とは?

そんな下薗利依さんは2001年に宝塚を引退しています。

なぜ引退したのか、その理由についてですが、

退団のきっかけになったのは、父親の体調が悪くなったからだそう。

01年、
父親の体調が悪くなり、退団を決意したという。

引用:女性自身

そこから母親に実家の家業である動物の仕事を継いでほしいと頼まれ、宝塚ではもう満足いくだけやりきったということで引退されました。

下薗利依、宝塚引退後、現在はペット関連学校役員

下薗利依さんは2001年に宝塚を引退すると、その後、吉澤英生氏(叔父、日本における犬界の権威)に師事をしトリマー資格を取得します。

2003年にはペットショップ・青山ケンネルをプロデュースしドッグサロン「VERONIQUE」を開店。

 

その後、2005年に青山ケンネルカレッジの学長に就任すると、現在ではトリマー養成学校「青山ケンネルカレッジ」で”専務取締役”を務めています。

【2003年】
青山ケンネル株式会社が経営するペットショップをプロデュースして
ドッグサロン『VERONIQUE』を開店する

【2005年】
青山ケンネルカレッジの学長に就任

青山ケンネル株式会社 専務取締役

こちらが青山ケンネルスクール。

2009年には書籍「犬からの贈り物」を出版しているそうなので、もののみごとに春風亭昇太さんの嫁の条件と一致していますよね。

春風亭昇太と宝珠小夏(下薗利依)の結婚にネット上の反応

春風亭昇太と宝珠小夏(下薗利依)の結婚にネット上はどのような反応をみせているでしょうか・・・

全然一般の方じゃねーじゃねーか! プロ彼女やん!!

春風亭昇太の結婚だけでもびっくりですが、さらに結婚相手の嫁さんが美人な元宝塚ということに驚きの声があがっていますね。

春風亭昇太のプロフィール

  • 本名 田ノ下 雄二(たのした ゆうじ)
  • 生年月日 1959年12月9日(59歳)
  • 出身地 日本の旗 日本・静岡市清水区
  • 師匠 春風亭柳昇
  • 名跡 1. 春風亭昇八(1982年 – 1986年)2. 春風亭昇太(1986年 – )出囃子 デイビー・クロケット
  • 活動期間 1982年 –
  • 活動内容 新作落語
  • 所属 落語芸術協会

2019年6月30日に笑点内で結婚を発表すると、7月1日には嫁が元タカラジェンヌの

 

 

 

期間限定YouTubeでお金を稼ぎたい人向け無料メルマガ講座

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-熱愛

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2019 All Rights Reserved.