バーチャルYouTuber

キミノミヤの中の人(声優)は中京テレビ新人アナ?【異色のVTuber】

投稿日:

キミノミヤ』さんとは、愛知県名古屋市の民間企業「アイデアクラウド」と日本テレビ系列のテレビ局「中京テレビ」が運営するVTuberです。

民間企業だけでなく、メディアを扱う企業が公式で関わった非常に珍しいVTuberであり、その注目度は2019年2月26日現在のチャンネル登録者数16万人という点を顧みてもわかることでしょう。

 

今回はそんな高い注目度を誇る異色のVTuberキミノミヤさんについて、

  • 動画内容や活動経歴などプロフィール
  • 中の人(声優)の特徴や中京テレビの新人アナウンサー説

などをまとめてみました。

キミノミヤのプロフィール

世界に向けて発信中!バイリンガルVTuber「キミノミヤ」とは?

キミノミヤさんとは、愛知県名古屋市にある、デジタルコンテンツ制作を主な業務とする民間企業「アイデアクラウド」と、日本テレビ系列の愛知・岐阜・三重で主に放送を行っている「中京テレビ」が共同で運営しているVTuberです。

VTuberとしては珍しく、メディア企業が深く運営に関わっています

そのため地方局限定ではありますが、かなり早い段階でネットの世界を飛び出して、地上波テレビ出演を果たしております。

活動開始は2018年7月からで、地上波テレビ進出は8月25日の中京テレビによる24時間テレビでした。

おおよそ1ヶ月程度で地上波での活動を行ったようです。

 

設定的には「招き猫」であるらしく、目的は「日本と世界の文化の懸け橋として、世界を大繁盛させること」だそうです。

口癖は「繁盛、繁盛!」で、度々口走ったりする他、YouTubeチャンネルのタイトルにもなっているくらい印象的なセリフとなっています。

ちなみに白と赤のキツネのような生き物はマスコットキャラクターの「KOKON(ココン)」で、動画に登場したのは2018年9月13日公開の動画でした。

日本のサブカルチャー文化を紹介!キミノミヤの動画内容

キミノミヤさんの動画は、主に世界に向けて発信させられています。

 

キミノミヤさんの特技の一つが「英語」であり、抜群の英語力を活かした動画を制作しています。

内容はアニメや漫画などのヲタク文化、いわゆるサブカルチャーを全世界に向けて紹介するものです。

YouTubeという全世界に配信されているツールを使用し、日本独特の文化を英語で発信しているのです。

勿論、その紹介の中には「VTuber」なども含まれており、キミノミヤさんの動画内では富士葵さん田中のおっさんさんが紹介されたこともあります。

他にも「ひらがな」についてや、子供に向けた教育動画なども制作して公開しているようです。

全体的に他のVTuberとは一線を画した存在であり、アニメ的な外見に反して非常に教育的かつぶっ飛んでいないVTuberです。

キミノミヤの中の人とは?

それでは、見事な英語力を見せつける異色のVTuberキミノミヤさんの中の人とは一体どのような人なのでしょうか。

キミノミヤの中の人は素人声優?

残念ながら、2019年2月現在、キミノミヤさんの中の人に関する情報はほぼありません。

ツイートは頻繁に行っているものの、中の人の個人情報につながるようなものは流していないようです。

流石、テレビ局がバックについているだけあって、情報の規制がしっかり行われているのだという印象を受けます。

 

ただ、その声色や喋り方などの傾向を見ている限り、声優としての正式なトレーニングを積んでこなかった人物ではないかと予想できます。

VTuberアナウンサーとしてアナウンサーらしい喋り方の雰囲気を出している「大蔦エル」さんに比べても、素人らしい雰囲気が漂っています。

もしかしたら中の人は英語ができるだけの完全な素人で、歌ってみたや雑談、質疑応答などの通常VTuberが行っているような活動をあまりしないのも、キミノミヤさんの中の人がそのような活動が「出来ないから」の可能性が出てくるのではないでしょうか。

運営が完全に他VTuberとは一線を画した活動をさせたいからかもしれませんが、可能性は拭えないと思います。

 

ちなみに、「踊ってみた」にはTikTokを通して挑戦していたことがあります。

勿論、彼女の声優の手がかりとして、堪能な英語は外せません。

しかし、バイリンガルであったり、外国語を話せたりする人物も多いので、絞り込むための手がかりとしてはやや薄いと言わざるを得ません。

 

それと、大蔦エルさんとのコラボ動画にて、判明することですが、ゲームに関してはかなりの初心者であることが伺えます。

コントローラーの操作方法を一から教えてもらうほどの初心者です。

アニメやゲームなどのサブカルチャーを発信するVTuberでありながら、全くゲームができない、知らないレベルであることがわかります。

操作もおぼつかず、動画では大蔦エルさんに「何がしたいの?」と言われるほどです。

以上のことから、キミノミヤさんの中の人は、このような仕事に関わる前はサブカルチャー(特にゲーム)に全く興味のない人物であったのではないかと考えられます。

中の人は結局どんな人?

キミノミヤさんは活動期間がまだ短く、ネットリテラシーがしっかりしていることから、個人情報があまり流出していません。

2019年2月現在、動画などからわかる情報で推測できる範囲では

  • 非常に高く、日常生活でも難なく使用可能な英語力
  • 声優としての演技指導などはしっかりと受けたことがない素人
  • ゲームは操作方法のかけらもわからないほど初心者

ということが判明しています。

テレビ局が関わっているということから、中の人は声優でも素人でもなく、中京テレビの新人アナウンサーである可能性などもあるでしょう。

まとめ

世界に通用する英語力を誇るバイリンガルVTuber『キミノミヤ』さんは

  • デジタルコンテンツ制作を業務とする民間企業「アイデアクラウド」と、日本テレビ系列の地方局「中京テレビ」が共同で運用するVTuber
  • 高い英語力を活かし、世界に日本の文化を紹介する動画など、通常のVTuberとは全く別方向の動画を制作・公開している
  • 中の人は不明だが、恐らく演技指導を受けたことがない人物で、その出生から中京テレビの新人アナウンサーである可能性もある

とのことです。

 

他VTuberとは大きく違った運営方針で活動を続けるキミノミヤさん。

日本だけでなく世界的な活動を推し進めていることから、どうなっていくのか注目ですね!

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-バーチャルYouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2019 All Rights Reserved.