快速エンタメ日和

毎日気になるエンタメ情報やニュースについて掘り下げて紹介していきます。

山尾志桜里の夫・山尾恭生の経歴!浮気相手が離婚の担当弁護士だった

週刊文春によって報じられた山尾志桜里議員と弁護士・倉持麟太郎さんの不倫疑惑報道。

そんな山尾志桜里議員が現在、夫の山尾恭生さんと離婚協議中で、その離婚の担当弁護士が浮気相手とされる倉持麟太郎さんであることが新たに報じられました。

ここでは山尾志桜里議員の夫・山尾恭生さんの画像と経歴についてまとめます。

スポンサーリンク

山尾志桜里議員のプロフィール


出典:https://www.minshin.or.jp/

  • 名前:山尾 志桜里(やまお しおり)
  • 生年月日:1974年7月24日(現年齢43歳)
  • 出身地:宮城県仙台市
  • 前職:検察官
  • 学歴:東京大学法学部卒業

山尾志桜里議員と夫の離婚協議の担当弁護士が浮気相手だった

山尾志桜里議員と言えば、2017年9月7日発売の週刊文春によって9歳年下のイケメン弁護士・倉持麟太郎さんとの不倫疑惑報道というスキャンダルが報じられました。

山尾志桜里議員の不倫相手として報じられた倉持麟太郎さんについては下記記事へ
山尾志桜里が弁護士と不倫?疑惑相手・倉持麟太郎の画像や経歴まとめ

そんな中、新たに2017年9月12日、週刊誌『女性自身』によって、山尾志桜里さんが昨年末から夫と離婚の話し合いが持たれるようになり、現在、離婚協議中であったことが報じられました。

そして驚くべきことに、その山尾志桜里議員と夫の離婚協議の担当をしていたのが、週刊文春によって浮気相手として報じられた倉持麟太郎弁護士だったことが判明しました。

山尾志桜里議員の夫の離婚協議の理由について

では、なぜかねてより山尾志桜里議員は夫と離婚協議中までに至ってしまったのか?

その理由や詳細について、女性自身によって報じられた夫・A氏の知人の証言の内容をまとめると、以下の通り。

  • 山尾志桜里議員の夫はライブドアの元役員で、現在はシステム開発会社を経営するA氏。
  • 二人の夫婦関係が崩れる原因となったのは夫のビジネスにあった。
  • A氏の会社はシステムエンジニアの慢性的な人材不足にあり、取引先と仕事を契約するも納品が出来ていなかった。
  • そのためクライアントとの金銭的なトラブルで訴訟にまで発展することもあった
  • 山尾志桜里議員も最初は庇っていたが、徐々にそのことに不信感を募らせると、離婚について話し合いがなされることに。
  • そして山尾志桜里議員がその離婚の相談をしていた弁護士こそが浮気相手として報じられた倉持麟太郎さんだった。

あくまでも夫・A氏の知人の証言とのことですが、これらの証言が正しければ、かなりの泥沼状態であると言えます。

スポンサーリンク

山尾志桜里議員の夫はどんな人物?

そうなってくると、山尾志桜里議員の夫にも注目が集まるところです。

山尾志桜里議員の夫とは一体どのような人物なのか、画像や経歴をまとめました。

山尾恭生の画像とプロフィール


出典:https://twitter.com/

  • 名前:山尾恭生
  • 生年月日:1974年(現年齢43歳)
  • 出身地:東京都
  • 出身校:私立武蔵中学・高校→東京大学卒
  • 職業:IT企業(株式会社セレージャテクノロジー)の社長

山尾恭生氏の経歴

山尾恭生さんは、東京都出身ですがニューヨークに住んでいた経験もある帰国子女。

私立武蔵中学・高校を経て、東京大学へと進学されると、そこの同学年にいたのが現在の奥さんにあたる山尾志桜里議員。

 

山尾恭生さんと山尾志桜里議員は二人とも1974年生まれということで、東京大学での同級生にあたり、1999年に東大卒業すると、その後、2006年に結婚しています。

ただ、二人は学生時代から交際されていたわけではないらしく、司法試験に合格した後の司法修習時代に知り合ったとのことです。

 

大学を卒業すると、山尾志桜里議員が検察官への道を進む一方で、山尾恭生さんは大手通信会社の『NTT』に入社します。

その後、NTT入社1年で退職すると、「アルチェ」というポータルサイトを運営する株式会社『アルチェ』を設立。

23歳の若さにして起業家になると、『アルチェ』が運営する女性用コミュニティサイト【凛】は会員数25万人を超える大規模サイトに発展します。

そんな中、2004年、ホリエモンこと堀江貴文氏率いる旧ライブドアに買収されると、ライブドアの上級執行役員となります。

 

しかし、堀江貴文さんがライブドア事件を起こし逮捕されると、それを機にライブドアを退職。

その後、2006年に山尾恭生さんは元ライブドアの社員を集めて、株式会社セレージャテクノロジーという会社を結成し、現在はその会社の代表取締役を務めています。

ちなみに会社名「セレージャ(cereja)」は、ポルトガル語で「桜」という意味で、公式には

「日本発のテクノロジーを使って世界でビジネスをしていきたい」

という思いからのそうですが、一説によれば、妻である山尾志桜里さんの名前からとったのではないかとも言われています。

スポンサーリンク

山尾恭生氏の刑事告発されたトラブルとは?

山尾恭生氏について調べていると、過去に刑事告発されるトラブルがあったことが判明しました。

問題となったのは、山尾恭生さんが経営するセレージャテクノロジーが運営していたニュースサイト『さくらフィナンシャルニュース』。

2016年6月16日に、この『さくらフィナンシャルニュース』の事業譲渡契約を巡ってトラブルが起きたようです。

その内容としては、

山尾恭生さんが経営する『セレージャテクノロジー』が一方的に事業譲渡契約を解除したことで、『さくらフィナンシャルニュース』の編集長との間にトラブルが起き、刑事告発されるに至った

という流れのようです。

契約解除した理由については定かではありませんが、当時「さくらフィナンシャルニュース」が当時法的に際どい記事を出していた事もあり、解除したのではないかという噂もあります。

 

真相は定かではありませんが、今回、山尾志桜里議員との離婚協議について、「夫・山尾恭生氏のビジネストラブルが原因」と報じられていましたよね。

時期的にもこの騒動が離婚協議に至る原因の1つとなった可能性も高そうですね。

スポンサーリンク

関連記事

 - 熱愛・浮気