快速エンタメ日和

毎日気になるエンタメ情報やニュースについて掘り下げて紹介していきます。

豊田真由子議員に新たな音声データ?謝罪会見で眉毛を変えた理由とは

   

豊田真由子議員といえば、元秘書の運転手に罵声・罵倒や暴行を加えた音声データが週刊新潮によってスクープされた人物。

この件について謝罪会見を開いたものの、再び新たな音声の存在が明らかに・・・

ここでは豊田真由子議員の一連のスキャンダルとともに、眉毛の変化や新たな音声データについてまでまとめます。

スポンサーリンク

豊田真由子議員のプロフィール

  • 名前:豊田 真由子(とよた まゆこ)
  • 生年月日:1974年10月10日
  • 出身地:千葉県
  • 学歴:東京大学法学部卒業⇒ハーバード大学大学院修了
  • 前職:厚生労働省老健局課長補佐
  • 所属政党 :自由民主党⇒無所属

元自民党・豊田真由子議員が元秘書に罵声を浴びせた騒動

日本の政治家であり、元厚生官僚の豊田真由子さんといえば、2017年6月、元秘書に対して行った暴言や暴行が露わにされ大騒動を起こしましたが、2017年8月には自由民主党を離党する運びに。

まずは、これまでの騒動の経緯をまとめてみました。

週刊新潮が公開した豊田真由子議員の音声データ

事の発端は、2017年6月21日に週刊誌『週刊新潮』が公開した豊田真由子議員の暴言を録音した音声データです。

  • 週刊新潮が公開した豊田真由子議員による元秘書への罵声を録音した音声データ

暴言の内容は自動車での移動中に

  • 「この、ハゲーーーーーっ!」
  • 「ちーがーうだろーーっ!」
  • 「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」

などといった罵詈雑言を元秘書の男性に浴びせるといったもの。

 

さらに、続報として週刊新潮はミュージカル調で暴言を吐く豊田真由子議員の音声も公開しています。

  • 豊田真由子議員がミュージカル調で罵るイジメ音声

こちらもパワハラを感じさせるような内容となっています。

豊田真由子議員が元秘書に怒っていた理由

それではなぜ豊田真由子議員がこれほどまでに怒っていたのかというと、

豊田真由子さんの支援者へ送るはずであった『バースデーカード』の宛名を間違えたことによるもの

とされています。

もともとヒステリックな性格との証言も

また自民党関係者による証言によれば、豊田真由子議員は、

「エリート街道を歩んだ人の悪い部分が凝縮された人物で、新人時代から何かとヒステリックな面を見せることで要注意人物だった。」

引用元:東スポWeb

と、もともとヒステリックな性格であることが明かされています。

同関係者によれば、今回の騒動に他に、

  • 豊田真由子議員の元を去った秘書が他党の事務所に勤務した際、その事務所に乗り込み揉め事を起こした

などといったエピソードもあるとか。

当時の元秘書・運転手が明かす豊田真由子の暴言も

さらに、豊田真由子議員の本性はさらに次々と明かされてしまうことに。

2017年6月29日放送の『直撃LIVEグッディ!』では、豊田真由子さんの元秘書の運転手が出演し、豊田真由子議員の元で働いていた時の様子を暴露していました。

秘書のモノマネがどこまで本当のものなのかは定かではありませんが、怒ると金切り声をあげて罵声を浴びせていたようです。

スポンサーリンク

豊田真由子議員がMr.サンデーに出演して涙ながらに謝罪

そんな豊田真由子議員が2017年9月17日に放送されたフジテレビ系情報番組『Mr.サンデー』にて騒動後、初めてテレビ出演。

番組では、豊田真由子議員が涙を流しながら経緯や当時の心境など語るとともに、立ち上がって謝罪をするシーンが放送されました。

  • Mr.サンデーで宮根誠司さんと対談する豊田真由子さんの動画

豊田真由子さんは、現在の心境について

「本当に音声を聞くたびにぼうぜんとしちゃうんです。正直、こんなこと言ったんだな。どうして」

引用:http://news.livedoor.com/

と番組を通してコメント。

 

番組内では、暴言を受けた秘書が普段から仕事上のミスが非常に多かったことを明かし、

「何としても守りたかった。自分がゼロから作り上げてきた地元の方との信頼関係とか、絆とか」

引用:http://news.livedoor.com/

と涙ながらに謝罪を繰り返しました。

これまで長期に渡り培ってきた信用を大事に思っていた結果、当時の秘書への行き過ぎた暴言へと繋がったのかもしれませんね。

豊田真由子議員のメイクに変化!眉毛を変えた理由とは?

政治家として活発に活動されていた当時の豊田真由子さんはキリッとつり上がった眉毛に奇抜なカラーの服装が特徴的でした。

しかし、『Mr.サンデー』に出演された豊田真由子さんではメイクに変化があり、眉毛の角度が以前より下がり、優しい印象の顔立ちとなっていることに大きな注目が集まりました。

  • 以前の豊田真由子さんの眉毛

出典:http://inunotudoi.com/

  • 眉毛を変えた後の豊田真由子さん

見比べて見ると、明らかに変化していることが伺えます。

髪も黒く染め、黒いジャケットに身をまとった豊田真由子さんの姿は、以前より「丸くなった」印象を受けます。

そのことから、このことに関して、ネット上では

「眉毛のメイク変えて印象操作に出てきたな」

などの声が相次ぐ事態に。

 

なお、眉毛を変えた理由については、その後、正式な謝罪会見を開いた際に、

「体重が減ってしまって、眉毛が“縦”だと、みすぼらしく見える、と言われたので(横にした)。プロじゃないので、他の方に教わりました」

引用元:https://www.daily.co.jp/

と、やはり柔らかい印象に見えるよう、メーク研究をして、自ら変化を加えたことを明かしていました。

スポンサーリンク

豊田真由子議員、謝罪会見するも本性隠せず?

2017年9月18日、ついに豊田真由子議員が自身の選挙区である埼玉4区の新座市内にて、暴言騒動の謝罪記者会見を開きました。

涙を流しながらの記者会見は、およそ1時間半に渡るほどの長丁場に。


現在、精神的に不安定な状態で入院していたことも明かしている豊田真由子さんですが、途中で「耳鳴りが……」とうずくまる場面も・・・

 

それでも今回の騒動に関して、謝罪の言葉を述べた上で、

「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」

引用:デイリースポーツ

と今後も議員は続行する意思を宣言致しました。

週刊新潮の記者への対応に「本性が見えた」との声も

この謝罪会見では、豊田真由子議員は終始、反省しているのが伺える弱々しい様子でしたが、この騒動の発端となったスクープを報じた週刊新潮の記者が質問をすると表情が一変。

週刊新潮の記者の質問に対しては、それまでの反省モードが吹き飛びそうなほど強めの反論を行いました。

この対応に対して、ネット上からは「本性が隠しきれていない」と批判が相次ぐことに・・・

この謝罪会見に対して、翌日TBS系情報番組『ビビット』に出演した千原ジュニアさん、フジテレビ系情報番組『バイキング』に出演した坂上忍さんなども否定的な意見を述べており、ある意味、失敗に終わった会見と言えるのかもしれません。

豊田真由子議員に新たな音声の存在も判明・・・

謝罪会見では、報道によって取り上げられた暴言は「はじめてのこと」と語った豊田真由子議員。

しかしながら、2017年9月19日に放送された『直撃LIVEグッディ!』にて、暴言を受けた元秘書らが顔を隠して出演し、新たな音声の存在が明らかとなることに。

その新たな音声とは、仕事関係者の女性と激しい言い争いをしている場面を記録した音声とのこと。

当初、番組内ではこの音声を公開する予定でしたが、

「関係者と協議した結果、その音声の放送は断念した」

ということで、結局その音声は放送されずに番組は終了。

放送されなかったということに関しても不可解な点は多いですが、新たな音声があるという事実に関してはこの一件で判明しました。

 

そうなると週刊誌によって報じられてしまうのも時間の問題かもしれませんね。

今後の動向にも注目したいところです。

スポンサーリンク

関連記事

 - 炎上・騒動