快速エンタメ日和

毎日気になるエンタメ情報やニュースについて掘り下げて紹介していきます。

中川俊直の重婚ウェディングと不倫画像!嫁、闘病中の浮気に批判殺到

2017年4月20日、週刊新潮によって元経済産業大臣政務官の中川俊直衆議院議員の

  • 重婚ウェディング
  • 不倫
  • ストーカー登録

が報じられました。

週刊新潮には衝撃的な画像の数々が掲載され、大きな話題に。

一体どういうことなのか、一連の一部始終を詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

中川俊直の女性問題スキャンダルとは?

中川俊直氏が起こした重婚不倫、女性問題、スキャンダルについて、流れを追って詳しく見ていきたいと思います。

発端は4月18日、中川俊直氏が経済産業大臣政務官を辞任したことでした。

中川俊直氏のフェイスブックには下記のように綴られており、

一部週刊誌に掲載される予定の記事

が辞任理由であるとされています。

心よりお詫び申し上げます。
本日、一部週刊誌に掲載される予定の記事をめぐり、経済産業大臣政務官の辞表を提出いたしました。
多くの関係者の皆様に対して、心よりお詫び申し上げます。
家族がありながら、会社員時代からの知り合いの女性に好意を抱き、その方を深く傷つけてしまい、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すべて私の不徳の致すところであり、言い訳のしようがありません。誠に申し訳ございません。
妻に対しては、昨年末、私からすべてを説明し、本当に申し訳ないことをしたと詫びました。それから時間をかけて話し合い、信頼回復に向けて共に歩もうと話してくれました。
今後は、ご迷惑をお掛けしたすべての方にお詫びを申し上げていきながら、精一杯努力して参ります。これまで私を支えて頂いた方々に対し、心よりお詫び申し上げます。

平成29年4月18日   中川俊直

出典:中川俊直氏のフェイスブック

そして中川俊直氏が書いていた「一部週刊誌」とは週刊新潮のことで、
中川氏の辞任を受けて、週刊新潮公式ツイッターは下記のように

  • 不倫
  • 重婚ウェディング
  • ストーカー登録

を4月20日発売の同誌にて報じると予告しています。

週刊新潮が不倫&重婚ウェディングとストーカー登録を報じる

2017年4月20日、予告通り週刊新潮が中川俊直氏の不倫&重婚ウェディング&ストーカー登録という3つのスキャンダルを報じました。

週刊新潮に掲載された衝撃的なスキャンダル画像がコチラ。

内容を簡単にまとめると、

  • 中川俊直氏は不倫相手と2013年9月にハワイで重婚ウェディングをあげていた
    • 不倫相手は会社員時代からの知り合いの女性
  • 中川俊直氏は前川恵議員とも不倫関係にあった
    • 3月27日号のフライデーによって真夜中の密会が報じられている
  • 前川恵議員との関係も知った女性は怒り「全てを週刊誌に告白する」と宣言
    • 焦った中川俊直氏は女性に詰め寄り、必死に懇願
  • 怖くなった女性は警察に通報し、中川俊直氏はストーカー登録された

となります。

 

ちなみに中川俊直氏の第二の浮気相手、前川恵議員の画像はこちら。

今回の騒動で前川恵議員にも非難の声が多く挙がっています。

スポンサーリンク

中川俊直氏は報道についてフェイスブックで言及

衝撃的な週刊新潮の報道後、中川俊直氏はツイッターおよびフェイスブックにて自身の報道に対して言及されました。

週刊誌報道につきまして。
本日発売の週刊誌記事について複数のマスコミ各社からご質問を受けましたのでご説明させていただきます。
今回の件につきましては誠に不徳の致すところであり、私をずっと支え続けてくれている妻と家族には本当に申し訳ないと思っております。
また、私をお支えいただいている地元の皆さまにもご不快の念を与えてしまいました。本当に申し訳なく私を国政にお送りいただいたお一人お一人にお詫びにあがりたいと思います。
今回の件は私の不徳以外のほかなにものでもありません。ただ一点、刑事事件に係ることについては弁明させていただければと思います。
私が重婚罪にあたることはしておりませんし、また、ストーカー登録をされたかのような報道がされていますが、そのような事実は一切ございません。
いずれにしましても、断腸の思いをさせてしまった妻及び家族には私の一生をかけて贖罪をしていきたいと思います。
平成29年4月20日   中川俊直

出典:中川俊直氏のフェイスブック

中川氏が言うには、ストーカー登録はされていないとのことです。

嫁の闘病中の浮気で批判殺到

さらに一連の不倫騒動が中川俊直さんの嫁の闘病中での出来事だったということで、
ネット上では多くの批判の声が殺到しています。

 

ちなみに中川俊直氏の親も不倫していたことから

「親も親なら子も子」

と呆れ返る声も多数見受けられました。

国会議員は国民の鑑となる存在でなければならないはずです。

時が解決すると思ったら大間違いですので、
フェイスブックで説明するだけではなくて、
しっかりと何らかの形で責任を取ってもらいたいところですね。

中川俊直氏の一連のスキャンダルに対する、蓮舫代表が放った言葉も大きな話題となっています。
中川俊直のスキャンダルに対する蓮舫の言葉がブーメランだと話題に
スポンサーリンク

関連記事

 - 炎上・騒動