YouTuber

ヒカキンの動画編集にかかる時間が凄まじい…【プロフェッショナル仕事の流儀】

投稿日:

2018年3月19日放送『プロフェッショナル 仕事の流儀』に大人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)が出演した。

ヒカキンの1日に密着した映像が映され、中でも動画編集にかかる時間が話題となっている。

人気YouTuberヒカキンがプロフェッショナルに出演

2018年3月19日に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』に大人気YouTuber・HIKAKIN(ヒカキン)が出演した。

制作した動画の総再生回数79億回以上、チャンネル総登録者数1,100万人を超え、日本トップを誇るユーチューバー、HIKAKIN(ヒカキン)28歳。その成功は、日々のたゆまぬ努力で成し遂げられている。こだわりをとことん追求するため企画から出演、撮影、編集までを一人で行い、1年365日、ほぼ1日中仕事をしている。動画を作る上で大切にしているのが、視聴者と同じ立場で率直にものを言い、演出もあえて作り込まず、「リアル」であること。「そこらへんにいそうな兄ちゃん」みたいに身近であることこそが、視聴者の共感を生むと考える。決して楽しいことだけじゃない日常の中で、元気な自分を見てもらい、クスッと笑ってもらうことを目指す。

HIKAKINの動画編集にかかる時間が話題に

その中で、特に多くの視聴者の目を引いたのが動画編集にかかる時間だった。

ヒカキンは、撮影から動画の編集までスタッフに頼らず、全て1人でこなしている。

その中で、動画編集をはじめて6時間かかったところで、7分の動画が完成したと紹介された。

プロフェッショナルを見た視聴者の間でも話題に

たった7分の動画を作るのに、6時間も動画編集に時間かけていることが放送され、ネット上でも話題になっている。

「毎日、動画をあげているヒカキンが どれだけ努力家で、勤勉な男性か。 凄い人だ。 努力しているからこそ いまでもたくさんのファンと 再生数が実績に。」

「引用連発で申し訳ないが良い呟きが、YouTuberに限った話にすると、「動画録ってアップするだけで金稼げて良い」みたいな風潮未だ見かけますが、その「たかが」テロップ入れるだけで何時間もかかるから。割と手間かかっているの。私も去年からこういう編集し始めて、大変さ身に見て理解しました。」

「慣れない人がするとこの40倍はかかると思え」

「え。。知らなかった。 動画見れるだけで感謝」

「しかも編集に慣れた人間がこれである」

「これはマジ。手抜き編集でも4,5時間はかかる。 ましてやテーマなんてないPUBGのドン勝動画とかだと結構大変 」

「これ、動画作ったことある人は痛いほど分かるよね…… クオリティめっちゃ高いとはいえ、作り続けてきたヒカキンですらこれだけ時間かかる……沼だ( 。ω。っ )3」

HIKAKINの動画編集にかかる時間は早い?

一方で、HIKAKINの動画編集にかかる時間は早い方だと主張する声もあがっている。

「ヒカキン編集スピード早くね?」

「たった6時間で7分の動画つくれるの?! 凄いな… 6時間かけて2、3分がやっとだよ…」

「2分の動画作るのに60時間掛かったことがありますね、、、」

「めちゃくちゃ早いやないかい」

ゲーム開発にかかる時間も話題に

ヒカキンの『プロフェッショナル 仕事の流儀』での

「編集を始めて6時間。7分の動画が完成した。」

という話に関連して、ゲーム開発者のツイートも話題に。

ツイートによれば、ゲーム開発を開始してから1年で出来上がるゲームのボリュームは2,3時間ということがザラのよう。

YouTuberもゲーム開発も、何も知らない立場から見れば、面白そうに見えるが、その裏には多大な努力があることを忘れてはいけませんね。

広告

広告

あわせて読まれている注目記事

-YouTuber

Copyright© 快速エンタメ日和 , 2018 All Rights Reserved.