快速エンタメ日和

毎日気になるエンタメ情報やニュースについて掘り下げて紹介していきます。

中田翔がダウンタウンに語ったヤンキー伝説がやばすぎwww

   

2016年1月8日に放送された「ダウンタウンなう」の本音でハシゴ酒という企画で、北海道日本ハムファイターズ中田翔選手が数々のヤンキー伝説に対する真相を明かし、その内容がやばすぎると話題になりました。

スポンサーリンク

中田翔のヤンキー伝説?

番組では中田翔さんにまつわる下記項目のやんちゃ伝説の真相に迫りました。
中田翔のヤンキー伝説

先輩を洗濯機に入れた?

まず中田翔さんが最初に聞かれたのは、「高校時代気に入らない先輩を頭から洗濯機に入れていた」というヤンキー伝説についてでした。
中田翔のヤンキー伝説

これに対して、中田翔さんは「本当ではないけど、それに近いことはしてた」と答えます。

中田翔のヤンキー伝説

というのも中田翔さんは、凄い偉そうにする先輩が「昔から大嫌い」だったんだそう。

中田翔のヤンキー伝説

そこで後輩が先輩にいじめられている姿を見た時に、黙っていられず先輩の頭を乾燥機に突っ込んだ、というのが噂の真相でした。

中田翔のヤンキー伝説

この暴露発言に対して、ネット上では「中田翔やばすぎww」、「中田翔面白い」といった声が相次ぎました。

スポンサーリンク

 その他のヤンキー伝説

では残りのヤンキー伝説についても軽く見ていきましょう。

まず「新入団選手歓迎式典「すすきのの歓楽街へ行きたい」発言をした」という伝説は本当のようです。
中田翔のヤンキー伝説
どうやら当時、北海道について全然知らなかったらしく、唯一知っていたのが「すすきの」と「白い恋人」だったからこの発言をしてしまったようです。

しかし中田翔さんは「1年目の時は女に走っていた」と言っていたので、あながち間違いではない発言となりましたね。

次に「日焼けマシンを球場に入れてほしいと要求した」という伝説はのようです。
中田翔のヤンキー伝説
 日焼けマシンを自宅に欲しいと思ったことはあるそうなんですが、さすがに球団に要求はしていないそう。

そして「バットケース問題で先輩の鵜久森と怒鳴りあいの大ゲンカ」という伝説も本当のようです。
中田翔のヤンキー伝説
自分のせいで試合に負けた後ちんたら片付けをしていた鵜久森さんに苛立って喧嘩してしまったそうです。

どうやら先輩に物怖じしない性格は、高校時代から変わっていないみたいですね!

5つめの3000万円のランボルギーニーを衝動買いした」という伝説も本当でした。
中田翔のヤンキー伝説
 2年目に自動車の免許を取得した際に、3000万円のランボルギーニ(車)を購入したんだそう。

6つめが財布の中には常に300万円入っている」という伝説です。
中田翔のヤンキー伝説
これに対して今は入れていないが、3年目ぐらいの時にカッコつけるために入れていたと答えています。

ちなみに今でも、50万から100万円は入れているんだとか。

最後の伝説は、昇給した年俸で「馬でも買おうか」発言をした、というものです。
中田翔のヤンキー伝説
この発言の真意は、球団がケチで思ったよりもお金が貰えなかったことに対する当てつけだったそう。

まとめ

結果的に中田翔さんに掛けられたヤンキー伝説はほとんど真実でした。

権力・女・金すべてを網羅した凄い内容でしたね・・・

スポンサーリンク

 - スポーツ